最新記事

アメリカ政治

ランド・ポール米上院議員、コロナ陽性。父は新型ウイルス陰謀論者

Paul Tests Positive for COVID-19 After His Dad Dismissed Panic Over Disease

2020年3月23日(月)16時30分
クリスティーナ・チャオ

ウイルス陰謀論者を父にもち、トランプとも近いランド・ポール上院議員(写真左) Kevin Lamarque-REUTERS

<リバタリアンの父ロン・ポール元下院議員は、ウイルス危機は恐怖を煽って国民の自由を奪う政府の陰謀と主張していた>

米上院のランド・ポール議員(共和党、ケンタッキー州選出)が新型コロナウイルスに感染していることが3月22日、明らかになった。上院で感染が確認されたのは同議員が初めてだ。

6日前、父で自由意思論者(リバタリアン)として知られるロン・ポール元下院議員は「コロナウイルスはデマ」と題する論説を発表したばかりだった。

ワシントンにあるランド・ポール上院議員の事務所は22日、ツイッターに「上院議員はCOVID-19の検査を受け陽性だった」と投稿した。「体調はよく、自主隔離している。症状はなく、旅行やイベントへの出席が多かったことから念のために検査を受けた。感染者と直接に接触した認識はない」

事務所によれば「(ポールは)隔離期間が終われば上院に戻り、この困難な時期、ケンタッキーの人々のために働き続ける」という。また、事務所は10日前から遠隔勤務となっており、それ以降、議員と接触したスタッフはいないとしている。

<参考記事>コロナで人が消えたアメリカの首都ワシントン

「死者はたかだか5000人」と父

父ロン・ポール元下院議員の論説が公開されたのは16日。「政府にとって危機はたいそうありがたいものだ。不安に陥った国民は、政府の助けと引き換えによろこんで自由を放棄するからだ」と主張した。

またトランプ政権で新型コロナ対策を指揮する米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長のことを「恐怖拡散の責任者」と呼び、出演したテレビ番組で自分なら今はレストランには行かないと述べるなど「すでに悪化しつつある経済にさらなる痛手を加えた」張本人と非難した。

「死者数は全世界でたかだか5000人、アメリカでは100人にも満たないウイルスのために、いったい何をたくらんでいるのか」と元下院議員は書いた。

「結核による死者は2017年には160万人近くに上ったが、結核によるパニックなど起きていない」と彼は述べ、「今回のパンデミック(世界的大流行)がデマである可能性について、誰もが自問自答してみるべきだ」と訴えた。

<参考記事>新型コロナ蔓延でアメリカ大統領選は「未知の領域」へ

ニュース速報

ビジネス

米経済、ワクチン実用化で21年後半に回復=ミネアポ

ワールド

米コロナ対策協議に勢い、週明け7日めど 超党派案た

ビジネス

EXCLUSIVE-中国当局、足元の元高容認 急激

ワールド

米コロナ死者、1日3000人突破も 当局者はマスク

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 2

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 3

    豪中炎上のフェイク画像を作成した過激アーティストが中国の「国民的英雄」に

  • 4

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 5

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 6

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 7

    ナイキCMへ批判殺到の背景にある「崇高な日本人」史観

  • 8

    「中国は香港の一世代をまるごと抹殺することも厭わ…

  • 9

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1…

  • 10

    中国の研究者1000人超が米国を出国 技術盗用規制強…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 3

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 6

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 5

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 6

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 7

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 8

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 9

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 10

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月