最新記事

女性問題

韓国史上初の「メガネアナ」、今度は朝のニュースで「ノーブラ・チャレンジ」

2020年3月3日(火)20時50分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

好みのブラを聞かれたイム・ヒョンジュ・アナが選んだのは…… MBClife / YouTube

<眼鏡をかけてニュース番組に出演し話題を呼んだ韓国の美人アナが、朝のニュース番組にノーブラで出演、その理由は──>

2月中旬、韓国の地上波TV局MBCのイム・ヒョンジュ・アナウンサーが、ブラジャーを着用しない、いわゆる「ノーブラ」の状態で朝の報道番組『生放送 今日の朝』に出演したことが大きな波紋を呼んでいる。

イム・ヒョンジュさんは、放送終了後、自身のSNSに「私がノーブラで出演したって事実を知って、女性共演者たちがとても喜んでくれた。想像もできなかった事が現実になったことに、驚きと歓びが入り混じった気分です」と書き込みをし、視聴者を驚かせた。

イム・ヒョンジュさんがブラジャー未着用で番組に出演したのには理由がある。その答えは、2月13日にMBCで放送されたドキュメンタリー番組『シリーズM』に隠されていた。この日の番組のテーマは「人にブラジャーは果たして必要なのだろうか?」。

イム・ヒョンジュさんら3人の女性はノーブラになってもらう一方、反対に3人の男性たちにはブラジャーを着けてもらい、その不便さや締め付けを体験してもらうなど、ブラジャーについて様々な試みを紹介していた。その一環で、イム・ヒョンジュさんは「ノーブラチャレンジ」に参加したのである。

実は、イム・ヒョンジュさんの行動が注目されたのは今回が初めてではない。2018年4月に報道番組『MBCニュースデスク』で、女性アナウンサーとして初めて眼鏡をかけて登場、ニュースを読んだことが大きな話題となった。

彼女が行動を起こしたのは、「なぜ男性アナウンサーは眼鏡をかけてテレビに出ているのに、女性キャスターは眼鏡をかけないのか?」ということに疑問に感じ、女性アナウンサーは眼鏡禁止という固定観念と崩したかったからだという。

これまで、長い間そうだったために、いつの間にか当たり前の事として受け入れていたことが、実はとんでもない差別行為だったという事例は今なお日常にたくさん潜んでいる。彼女は、そういう疑問に対して行動を起こすことで気づかせてくれた。

眼鏡といえば、昨年日本でも同様の問題提議がされた。日本では、接客業を中心とした一部の企業で、女性に仕事場での眼鏡を禁止しているところが存在する。しかも、その理由が「眼鏡は華やかに見えないから」「眼鏡をかけているとお客様に失礼」などであり、そのなかには、女性社員のみ禁止しているという奇妙なルールを規定している企業もあった。この理不尽さを疑問視する声がネットを中心に多く集まった。

ニュース速報

ワールド

東京で新たに143人感染、累計1000人超す=報道

ワールド

OPECプラス会合、9日に延期 ロシアとサウジが対

ワールド

新型コロナ、仏英で死者が過去最多 伊・スペインは拡

ワールド

8割以上が緊急事態宣言を支持=孫氏ツイッター調査

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 3

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(4…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    ついに日本は終わった

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月