最新記事

軍事同盟

フィリピン、米軍との地位協定破棄を通告 暴走するドゥテルテの真意は?

2020年2月14日(金)19時30分
大塚智彦(PanAsiaNews)

ドゥテルテ大統領は訪問米軍地位協定破棄を米国に通告したが…… REUTERS

<南シナ海進出を狙う習近平へのプレゼント? ドゥテルテの真の狙いはどこに──>

フィリピンのドゥテルテ大統領が米軍のフィリピンでの軍事演習などを決めた「訪問米軍地位協定(VFA)」の一方的な破棄を2月11日に米国に通告した。協定は通告後180日を経過すると自動的に無効となる。

今回のVFA破棄に関しては国軍などを中心にフィリピンの安全保障への影響を危惧する声が根強かったが、ドゥテルテ大統領は「(米軍との協定を破棄しても)中国がフィリピンに攻めてくるわけではない」(10日)などとしてその影響が深刻でないとの見方を示し、一方の米トランプ大統領も12日に「フィリピンが決めたことである。米としても多くの経費を節約できるだけだ」と意に介さない姿勢を見せ、安全保障面での両国関係の冷え込みが危惧されている。

ドゥテルテ大統領が正式にVFA破棄に踏み切った背景には、「フィリピンで罪を犯した米兵の裁判権がフィリピン側に基本的にない」「米兵に偏った特権が与えられている」など、同協定がフィリピンにとって不平等な内容となっていることも理由と指摘されている。

しかし、破棄の姿勢を最終的に固めた直接の動機としては、ドゥテルテ大統領が2016年の大統領就任以来積極的に進めている麻薬対策との関連がある。

麻薬戦争に対する米からの批判が背景に

麻薬取締の現場で捜査官などによる令状なしの発砲、抵抗した容疑者の射殺などの超法規的措置というドゥテルテ大統領 による強硬手段は米政府から「法的手続きによらない捜査手法は人権侵害の懸念がある」などとの批判をこれまで何度も招いていた。

そうしたこれまでの経緯に加えて1月に麻薬捜査の陣頭指揮を執ってきた1人で、ドゥテルテ大統領とも親しい元国家警察長官のデラロサ上院議員が米国入国に必要な査証(ビザ)を米側に申請したところ、米当局から拒否されたことが明らかになったことが関係しているといわれている。

麻薬捜査の違法性を指摘し続けてきた米は2019年12月に上院がフィリピン政府高官の米国入国制限や資産凍結を内容とする決議を採択した。今回のデラロサ上院議員のビザ拒否もこの決議に基づくものといわれている。

VFAの破棄問題は実は古くて新しい問題で、これまでにもフィリピン政府はその不平等性や予算の面から破棄をちらつかせながら、内容の平等化を米側との交渉のテーブルに乗せようとしてきた。

しかし、南シナ海での中国による海軍増強、領有権問題がある島の軍事基地化などその脅威の高まりを受けて、実質的な破棄に踏み切れなかったという背景もある。

今回も破棄の意向を口にしたドゥテルテ大統領に対して軍部を中心に反対論や慎重論が噴出したが、依然として約80%と国民からの高い支持率を背景にしたドゥテルテ大統領の決断で破棄決定となった。

破棄に関してエスパー米国防長官は「間違った方向への動きだ」とけん制したが、デルフィン・ロレンザーナ比国防相は「米の(軍事的)支援がなくてもフィリピン軍は任務を全うできる」としてドゥテルテ大統領を支持する姿勢を示した。

ニュース速報

ビジネス

米GDP改定値、10─12月期は2.1%増 新型肺

ビジネス

新型肺炎、経済に長期的な影響まだ及ばず=ECB総裁

ビジネス

FRB、目標上回るインフレ率の許容が不可欠=シカゴ

ワールド

IMF、世界経済見通し下方修正へ 新型ウイルス流行

MAGAZINE

特集:AI時代の英語学習

2020-3・ 3号(2/26発売)

自動翻訳はどこまで実用的か? AI翻訳・通訳を使いこなす英語力とは

人気ランキング

  • 1

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 2

    「送料無料」でも楽天はアマゾンに勝てない あえて三木谷氏にダメ出しする

  • 3

    米軍を襲ったイラン謎の衝撃波、解明には数年かかる

  • 4

    クルーズ船のフィリピン人80人に陽性反応 約400人は…

  • 5

    徹底したウイルス対策実施のシンガポール 他国が真…

  • 6

    すでにTOEIC960点越え、日本の第一人者に「国産」機…

  • 7

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 8

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 9

    新型コロナウイルス最大の脅威は中国政府の隠蔽工作

  • 10

    新型コロナウイルスを媒介したかもしれない「センザ…

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 3

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 4

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)…

  • 7

    アメリカから帰国した私が日本の大手航空会社の新型…

  • 8

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 9

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いす…

  • 10

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月