最新記事

軍事同盟

フィリピン、米軍との地位協定破棄を通告 暴走するドゥテルテの真意は?

2020年2月14日(金)19時30分
大塚智彦(PanAsiaNews)

ドゥテルテ大統領は訪問米軍地位協定破棄を米国に通告したが…… REUTERS

<南シナ海進出を狙う習近平へのプレゼント? ドゥテルテの真の狙いはどこに──>

フィリピンのドゥテルテ大統領が米軍のフィリピンでの軍事演習などを決めた「訪問米軍地位協定(VFA)」の一方的な破棄を2月11日に米国に通告した。協定は通告後180日を経過すると自動的に無効となる。

今回のVFA破棄に関しては国軍などを中心にフィリピンの安全保障への影響を危惧する声が根強かったが、ドゥテルテ大統領は「(米軍との協定を破棄しても)中国がフィリピンに攻めてくるわけではない」(10日)などとしてその影響が深刻でないとの見方を示し、一方の米トランプ大統領も12日に「フィリピンが決めたことである。米としても多くの経費を節約できるだけだ」と意に介さない姿勢を見せ、安全保障面での両国関係の冷え込みが危惧されている。

ドゥテルテ大統領が正式にVFA破棄に踏み切った背景には、「フィリピンで罪を犯した米兵の裁判権がフィリピン側に基本的にない」「米兵に偏った特権が与えられている」など、同協定がフィリピンにとって不平等な内容となっていることも理由と指摘されている。

しかし、破棄の姿勢を最終的に固めた直接の動機としては、ドゥテルテ大統領が2016年の大統領就任以来積極的に進めている麻薬対策との関連がある。

麻薬戦争に対する米からの批判が背景に

麻薬取締の現場で捜査官などによる令状なしの発砲、抵抗した容疑者の射殺などの超法規的措置というドゥテルテ大統領 による強硬手段は米政府から「法的手続きによらない捜査手法は人権侵害の懸念がある」などとの批判をこれまで何度も招いていた。

そうしたこれまでの経緯に加えて1月に麻薬捜査の陣頭指揮を執ってきた1人で、ドゥテルテ大統領とも親しい元国家警察長官のデラロサ上院議員が米国入国に必要な査証(ビザ)を米側に申請したところ、米当局から拒否されたことが明らかになったことが関係しているといわれている。

麻薬捜査の違法性を指摘し続けてきた米は2019年12月に上院がフィリピン政府高官の米国入国制限や資産凍結を内容とする決議を採択した。今回のデラロサ上院議員のビザ拒否もこの決議に基づくものといわれている。

VFAの破棄問題は実は古くて新しい問題で、これまでにもフィリピン政府はその不平等性や予算の面から破棄をちらつかせながら、内容の平等化を米側との交渉のテーブルに乗せようとしてきた。

しかし、南シナ海での中国による海軍増強、領有権問題がある島の軍事基地化などその脅威の高まりを受けて、実質的な破棄に踏み切れなかったという背景もある。

今回も破棄の意向を口にしたドゥテルテ大統領に対して軍部を中心に反対論や慎重論が噴出したが、依然として約80%と国民からの高い支持率を背景にしたドゥテルテ大統領の決断で破棄決定となった。

破棄に関してエスパー米国防長官は「間違った方向への動きだ」とけん制したが、デルフィン・ロレンザーナ比国防相は「米の(軍事的)支援がなくてもフィリピン軍は任務を全うできる」としてドゥテルテ大統領を支持する姿勢を示した。

ニュース速報

ビジネス

ドイツ銀、第3四半期は黒字転換 投資銀行部門の見通

ビジネス

ソニー、営業利益予想を上方修正 ゲームや「鬼滅」効

ビジネス

コマツ、今期予想上方修正 中国の建機需要の強さ「想

ビジネス

仏PSA、第3四半期は自動車部門が増収に転じる

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 2

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 3

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインスタグラムが削除

  • 4

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 5

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 6

    米沿岸警備隊、西太平洋に巡視船配備へ 中国船の違…

  • 7

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 8

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 9

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

  • 10

    キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

  • 7

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 8

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 9

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 10

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月