最新記事

台湾のこれから

蔡英文「優勢」の台湾総統選、有権者の揺れる思いと投票基準

TAIWAN’S VOTER PREFERENCE

2020年1月8日(水)16時30分
王純美(台湾人ジャーナリスト)

松山城南高校の生徒たちを迎えた蔡英文(蔡英文のツイートより) @iingwen-YouTube

<「タピオカミルクティーは飲みましたか?」――この動画を見て、うれしくない台湾人はいない。大国の事情に振り回されてきた台湾。なぜ蔡英文は再選の可能性が高いのか。有権者は何を思うのか。本誌「台湾のこれから」特集より>

2019年12月4日、日本の松山城南高校の生徒たちが修学旅行で台湾総統府を訪れたとき、サプライズが起きた。蔡英文(ツァイ・インウェン)総統が突然生徒たちの前に現れ、挨拶したのだ。彼女は寒くなったので風邪をひかないように、と声を掛けながら、驚く高校生たちに「タピオカミルクティーは飲みましたか?」と聞いた。
20200114issue_cover200.jpg
この様子を撮影した動画はSNSで次々とシェアされた。これを見て、うれしくない台湾人はいない。私たちの女性総統は高校生にも決して偉そうにせず、台湾のタピオカミルクティーが日本で大人気という流行の情報にも詳しい──。

実際、蔡に対する多くの台湾人の印象は「きちんとした人」だ。議論は論理的で「想定外」はない。時には「原稿読み上げ機」とすら呼ばれる。しかしここ数年、彼女は「ソフト化」を決断し、あえて大衆との距離を縮めた。ネットの人気ライブ番組にも出演した。そのため、特に若者の間で親しみやすい印象が広がっている。

しかし蔡は16年5月の総統就任時から、今のような人気を保っていたわけではない。むしろ、就任直後は退職軍人・公務員の年金改革や変則的週休2日制度の導入が企業経営者らの反発を招いた。

その結果が18年11月24日の統一地方選挙における与党・民進党の雪崩的な大敗だ。計22の県・市長選挙で民進党は現有の13 から6に転落した。ライバルの国民党は6から15に増やし、なかでも「韓流旋風」を巻き起こした韓國瑜(ハン・クオユィ)は民進党の陳其邁(チェン・チーマイ)を破り、高雄市で20年間続いた民進党政権を終わらせた。

実際、このとき国民党支持者は奮い立っていた。2020年総統選で国民党が勝利の切符を握るというコンセンサスが広がったからだ。党が長年育ててきた新北市長(当時)の朱立倫(チュー・リールン)がその最も有望な候補であると考える人は少なくなかった。

magSR200108taiwanvoters-top.jpg

自動車が増えたが昔ながらの小型バイクも相変わらず台湾人の大事な交通手段 TYRONE SIU-REUTERS

「無言の抗議」という選択肢も

しかし、外部環境の変化によって台湾人は国民党に疑問を抱き始める。

最初の影響は中国からやって来た。ドナルド・トランプ米大統領が就任後に始めた貿易戦争による経済的圧力の下、中国国内のナショナリズムが激化。政府は台湾に「文攻武嚇(言葉で攻撃し武力で威嚇する)」を仕掛けることで、国民の注意をそらし始めた。中国軍機や中国軍艦による軍事的威嚇、台湾と国交のある国への断交要請に加え、習近平(シー・チンピン)国家主席は19 年1月2日、「一国二制度」を台湾に迫った。台湾人は強い不安を感じた。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

FRB、年末にもテーパリング開始可能=サンフランシ

ビジネス

米経済、FRB支援策を解除する段階でない=クリーブ

ビジネス

米中古住宅販売、5月は4カ月連続で減少 価格なお高

ビジネス

物価のパラダイムシフト想定せず=レーンECB理事

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 3

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 4

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 7

    東京五輪の「国際公約化」は日本政府の自作自演

  • 8

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 9

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月