最新記事

イスラム過激派

ケニア、米駐留基地をイスラム過激派が攻撃 米国人3人死亡

2020年1月6日(月)10時40分

ケニア東部ラム郡で5日、ソマリアを拠点とするイスラム過激派・アルシャバーブが米軍とケニア軍が合同で運用する基地に攻撃を仕掛け、米兵1人と米軍請負業者の米国人2人の計3人が死亡した。写真は攻撃の発生後、桟橋に集まる人々。1月5日、ケニヤのラムで撮影(2020年 ロイター/Abdalla Barghash)

ケニア東部ラム郡で5日、ソマリアを拠点とするイスラム過激派・アルシャバーブが米軍とケニア軍が合同で運用する基地に攻撃を仕掛け、米兵1人と米軍請負業者の米国人2人の計3人が死亡した。米軍が発表した。

米アフリカ軍司令部は3人の死亡を確認し、これとは別に米国防総省の職員2人が負傷したと明らかにした。容体は安定しており、退避させたという。基地はソマリアとの国境に隣接するマンダ湾にある。

米軍は3日にイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を殺害しており、イランとの緊張が急速に高まっている。そのなかで、ケニア駐留基地の攻撃は起きた。

目撃者や軍関係筋によると、攻撃は5日未明に開始し、約4時間続いた。

ロイターが確認したケニヤ警察当局の報告によると、軍用機2機、米軍のヘリコプター2機、多数の米軍用車両が攻撃により破壊された。ケニア軍は、アルシャバーブの戦闘員5人が死亡したと発表した。ケニア側の死傷者は報告されていない。

アルシャバーブはこれより先に出した犯行声明で、軍用機7機と軍用車両3台を破壊したと表明していた。

米アフリカ軍司令部は、攻撃当時に同基地に駐留していた米兵士は150人弱だったと明らかにした。米軍はケニアで東アフリカの兵士の訓練やテロ対策の支援を担っている。

米アフリカ軍のスティーブン・タウンゼンド司令官は「米国はアフリカなどのパートナー国とともに攻撃犯の責任を追及する」と表明した。

[ナイロビ/ワシントン ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



20191224issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

12月24日号(12月17日発売)は「首脳の成績表」特集。「ガキ大将」トランプは落第? 安倍外交の得点は? プーチン、文在寅、ボリス・ジョンソン、習近平は?――世界の首脳を査定し、その能力と資質から国際情勢を読み解く特集です。


ニュース速報

ワールド

中国、ルビオ米上院議員らに制裁 ウイグル問題で報復

ビジネス

米消費者、失業時の再雇用や収入に不安=NY連銀6月

ワールド

米のコロナ感染再拡大、不十分な封鎖措置が要因=ファ

ワールド

カナダ・米、渡航禁止措置の今後の対応巡り協議継続=

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 5

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 6

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 10

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月