最新記事

ロシア

プーチン退治を目指す霊媒師が掻き立てる地方の「怒り」

The Anti-Putin Shaman

2019年11月19日(火)18時30分
ビタリ・シュクリアロフ(ハーバード大学研究員)

地方に多いプーチンの支持者にとって、ガビシェフのような存在は大きな影響力を持ちかねない ALEXANDER GABYSHEV/YOUTUBE

<シベリアから首都モスクワへ向けて旅するシャーマンを当局が拘束するほどまで恐れたのはなぜ?>

シベリア育ちのその男の名はアレクサンドル・ガビシェフ。自らを「戦うシャーマン(霊媒師)」と名乗る。

ガビシェフは今年3月、8000キロ先の首都モスクワを目指して徒歩で旅を始めた。目的は、ウラジーミル・プーチン大統領という悪魔を退治すること。道中で支持者を増やして首都に入り、大勢が見守るなかで悪魔払いを行おうというもくろみだった。

ところが故郷サハ共和国のヤクーツクを出て半年後、行程の3分の1まで来た辺りで覆面の治安当局者に拘束され、「精神疾患」の診断を受けた。ロシア連邦保安庁はガビシェフを精神病棟に閉じ込めておきたいようだ。

この一件でガビシェフの名は世界に知れ渡った。アムネスティ・インターナショナルは彼を「良心の囚人」と呼んだ。ロシア支部長のナタリア・ズビャーギナは彼の釈放を求めたとき、世界が薄々感じていた疑問をこう代弁した。「ロシア当局は彼の霊力を本気で恐れているのか?」

そう、実は恐れている。プーチン支持者は地方に多い。彼らにとっては首都での数千人規模の集会より、1人のシャーマンの言動のほうがはるかに影響力を持ちかねない。政府はそれをよく知っている。

辺境の村では、開運や豊作、金運や良縁を求めて呪術師などに祈禱を依頼することが珍しくない。調査によれば、女性の3分の2は霊媒師などに相談した経験がある。大都市でも教会の聖遺物を拝みに来る信者は途切れることがない。景気が低迷し、学校や病院の建設が減っても、教会の新築・修復件数は急増している。

シャーマンを信じる人が多いことと関係があるかもしれないが、多くのプーチン支持者は「ロシアは特別」だと思っている。プーチン支持派のテレビ局の論調をうのみにし、景気がいくら落ち込んでもプーチン支持をやめない。

彼らは反政府デモのニュースを見ると、むしろプーチン支持の気持ちを強める。彼らにとってロシアの全ての問題はアメリカをはじめとする西側諸国の仕業、そうでなければジョージア(グルジア)やウクライナの仕業だ。

地方の怒りを体現する

だからこそ、ガビシェフのような人物は大変な力を持ちかねない。伝統主義者の世界観に訴えるからだ。シャーマンがプーチンを「悪魔」だと言うなら、そうかもしれないと人々は思い始める。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米住宅建設業者指数が過去最高、10月は85

ワールド

インド、人口13億人の半分がコロナ感染も 2月まで

ワールド

米、加・メキシコ国境閉鎖を11月21日まで延長 コ

ワールド

米農家補助金が過去最高に、トランプ氏が選挙控え票固

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 3

    日本メディアが使う「中国の少数民族」は政治的な差別表現

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    特権社会・中国ではポルノを見るのも一部の特権

  • 6

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 7

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 8

    中国の傲慢が生んだ「嫌中」オーストラリア

  • 9

    中国政府、国内の米国人を拘束する可能性警告 米司…

  • 10

    日本の科学者は「給料安い」「ポンコツ多い」(一流…

  • 1

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 6

    ヒトが進化している証拠? 前腕に動脈を3本持つ人が…

  • 7

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 8

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    ネコにゆっくりと瞬きすると、ネコもゆっくりと瞬き…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月