最新記事

米移民

アメリカ人の大多数は不法移民や難民の受け入れに賛成

Most Americans Want Undocumented Immigrants To Be Able To Stay Legally

2019年11月13日(水)17時45分
シャンタル・ダシルバ

米ワシントンの最高裁前でトランプの反移民政策に抗議する人々 Jonathan Ernst-REUTERS

<幼少期にアメリカに来た移民に居住と労働を許してきた制度DACAの廃止を求めるトランプ政権と違い、アメリカ人は寛容だった?>

アメリカ人の大多数は、不法移民の大半が合法的に米国内に留まれるようにすることが、国にとって重要だと考えている。最新の調査で明らかになった。

調査は、ピュー・リサーチセンターが11月12日に発表したもの。折しも連邦最高裁判所では、幼少期にアメリカに入国した移民に対する強制送還の延期措置(DACA)をトランプ政権が廃止できるか否かが争われている。

DACAのおかげで、子供の時に親などと一緒にアメリカに入国した80万人近い不法移民が、アメリカでの居住と労働を認められてきた。

しかしトランプ政権はDACAを廃止しようとしている。3件の連邦地裁の判断により一時的に差し止められていたが、11月12日に最高裁での審理が始まった。

<参考記事>2歳からアメリカで育ったのに強制送還?トランプが打ち砕く「ドリーマー」の夢
<参考記事>不法移民の子どもは薬漬けで大人しくさせられていた?

ピュー・リサーチセンターの調査結果によれば、アメリカ人の3分の2(67%)は、「アメリカにいる移民の大半が合法的に米国内に留まれるようにする」仕組みを作ることが、国にとって「きわめて重要」または「ある程度重要」と回答した。

従来、不法移民に厳しい見方をしてきた共和党支持、もしくは共和党寄りの回答者の半数近く(48%)も、合法化に賛成した。民主党支持者や民主党寄りの無党派層では、その比率は82%だ。

戦争や暴力から逃れてきた難民の受け入れについても、アメリカ人の多くが支持を表明した。

9月3日から15日にかけて調査した9895名の回答者のうち、難民の受け入れがアメリカにとって重要だと考えた人は73%にのぼった。

共和党支持者の間でも難民受け入れに対する賛成が増えた。ピューによれば、難民の受け入れを重要な取り組みだと答えた共和党支持者は、2016年には40%にとどまっていた。しかし2019年には、共和党支持者の過半数(58%)が、これを支持すると回答した。

「私たちの家はここ!」最高裁の前で本国送還に抗議する不法移民



ロサンゼルスの抗議デモ


強制送還の強化には賛成

それでいながら、メキシコ国境の警備強化については支持する人が多く、回答者の68%が警備強化に賛意を示した。

共和党支持者の10人中9人(91%)は、国境の警備強化に賛成すると回答した。民主党支持者の間では、賛成は約半数(49%)だった。

共和党支持者と民主党支持者のこの明らかな隔たりは、「アメリカ滞在が認められない不法移民の強制送還の強化」という項目でも顕著に見てとれる。

共和党支持者の10人中8人(83%)は、強制送還の強化に賛成すると回答した。うち51%は、その取り組みを「きわめて重要」とした。

それに対して民主党支持者では、強制送還の強化に対する支持率は大幅に低かった。強制送還の強化に賛成する人は10人中3人(31%)、「きわめて重要」な目標とした人はわずか10%だった。

DACAの継続が認められるか否かの判断は現在、最高裁の手に委ねられている。

DACAが廃止されれば、このプログラムの恩恵を受けていた何万もの人たちや、今後DACAによる保護を申請したかもしれない多くの人が、アメリカからの強制送還に直面する可能性がある。

(翻訳:ガリレオ)

20191119issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

11月19日号(11月12日発売)は「世界を操る政策集団 シンクタンク大研究」特集。政治・経済を動かすブレーンか、「頭でっかちのお飾り」か。シンクタンクの機能と実力を徹底検証し、米主要シンクタンクの人脈・金脈を明かす。地域別・分野別のシンクタンク・ランキングも。

ニュース速報

ビジネス

米雇用統計、11月26.6万人増 予想上回る 失業

ビジネス

中国、米国産大豆・豚肉の一部の輸入関税免除へ=財政

ビジネス

イタリア経済、目先は軟調な局面が続く見通し=国立統

ビジネス

中国、現地生産のテスラ車に新エネ車向け補助金の支給

MAGAZINE

特集:仮想通貨ウォーズ

2019-12・10号(12/ 3発売)

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

人気ランキング

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 4

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 5

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 6

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 7

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 8

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 9

    ヘアカラーと縮毛矯正に潜む乳がん発症リスク

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 3

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 4

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 5

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 6

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 7

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 8

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 9

    韓国ボイコットジャパンは競馬にまで 「コリアカップ…

  • 10

    中曽根政権の5年間で日本経済は失われた

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 3

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 8

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 9

    何が狙いか、土壇場でGSOMIAを延長した韓国の皮算用

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月