最新記事

ウクライナ疑惑

トランプがウクライナ大統領に調査を依頼したもう1つの会社クラウドストライクとは

What is Crowdstrike?

2019年9月26日(木)17時25分
スコット・マクドナルド

トランプは、大統領選のライバルになるかもしれないバイデンのあら捜しを外国の指導者に頼んでいた Carlos Barria-REUTERS

<ヒントは、6月にIPOしたばかりの米サイバーセキュリティー会社>

ホワイトハウスは9月25日、ドナルド・トランプ米大統領とウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領が7月25日に行った電話協議の通話記録を公表した。

今や米下院の弾劾調査の対象になったトランプは、米情報機関員からの内部告発どおり、ジョー・バイデン前副大統領の息子が役員を務めていたウクライナのガス会社に関する調査を依頼していた。

<参考記事>トランプ弾劾調査の引き金になった「ウクライナ疑惑」のすべて

それだけではない。通話記録によるとトランプは、サイバーセキュリティーが専門のクラウドストライクという米企業についても徹底的に探ってほしいと要請していた。

その名を聞いても多くのアメリカ人が「いったい何の会社?」と首を傾げるだろう。だが同社は、トランプのロシア疑惑で重要な役割を果たした会社だ。

クラウドストライクはカリフォルニア州サニーベールに本社を置き、今年6月にIPO(新規株式公開)を行なった。公式ホームページによると、同社が提供するソフト「ファルコン」は、「クラウド配布の統合された技術一式を通じ、あらゆるタイプの攻撃を防ぎ、侵入を阻止する」ために設計されたプラットフォームだと謳っている。

オバマ前政権との関係を疑う

トランプは電話でクラウドストライクに言及し、ゼレンスキーにこう頼んだ。

「ウクライナとの関連でこの状況について、何があったのか調べてほしい。彼らによるとクラウドストライク......貴国の富裕層の1人がいると思うのだが......そのサーバーは、ウクライナにあるという」

ホワイトハウスによると、通話は音声認識ソフトで記録されたもので、聞き取れない部分や大統領が言い淀んだ部分もある。

<参考記事>ロシア系ハッカー集団、マルウエアでウクライナ部隊追跡か=報告

クラウドストライクは、2016年の大統領選に向けた選挙戦中に民主党全国委員会(DNC)のサーバーがハッキングされた際、被害を検証した会社だ。トランプはずっと、FBIではなく一民間企業がサーバーの検証を行ったことを疑問視し、オバマ前政権との関係を疑ってきた。クラウドストライクの検証結果は、ロシアのハッカー集団に侵入されたというDNCの主張を裏付けるものだった。

トランプは2017年7月22日にこうツイートしている。「DNCはなぜ、サーバーをFBIに調べさせず、いまだにFBIの調査を拒んでいるのか。これはすべて選挙に負けたことの言い訳にするためで、民主党の大々的なペテンだ」

ニュース速報

ビジネス

JPモルガン、第2四半期も貸倒引当金増強 約70億

ワールド

香港「金融ハブの地位危うく」、米大統領が中国に不快

ワールド

英、ギリアドのコロナ治療薬を一部患者に供給へ

ワールド

独、6月29日に社会的距離緩和へ 6日から10人以

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    台湾の蔡英文総統「香港の人びとに必要な援助を提供…

  • 5

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 6

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 7

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 8

    新型コロナで5400人が死亡、NJ州高齢者施設で繰り返…

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男の「インセル」思想とは

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月