最新記事

情報セキュリティー

カザフスタン政府のネット監視からユーザーを守れ

2019年9月13日(金)17時00分
パオロ・ソルベッロ

トカエフ大統領の在任中もネット監視の試みはなくなりそうにない MUKHTAR KHOLDORBEKOV-REUTERS

<「証明書」をインストールさせて通信を傍受──懲りないカザフスタン政府vsIT大手の戦いの行方は>

グーグル、モジラ、アップルは8月下旬、それぞれのブラウザでカザフスタン政府による市民のネット利用への監視に対抗する措置を講じたと発表した。これで米ブラウザへの信頼回復は期待できるかもしれないが、カザフスタン政府によるネット監視への懸念は尽きない。

7月下旬、政府は国内のネットユーザーに政府発行の「ルート証明書」のインストールを迫った。証明書をインストールすれば、暗号化されているHTTPS通信が政府に傍受され、パスワードやクレジットカード情報や私的な交信内容など、ネットで入力・投稿したあらゆる情報を読み取られる恐れがある。

政府がルート証明書をネット統制に利用しようとするのは今回が初めてではない。2015年にも同様の試みが内外の反発に遭って中止されている。

地元メディアによると、証明書の発行元サイトの所有者は一個人。カザフスタンの秘密警察であるカザフスタン国家安全保安委員会(KNB)とのつながりが疑われている。

数週間後、KNBはこの証明書の発行中止を発表、政府機関をサイバー攻撃から守るシステムの「試行」だと釈明した。証明書は技術的には通信を傍受するための典型的な「中間者攻撃」で、国内のネットユーザーに対する実質的なセキュリティー侵害と言える。

モジラとグーグルは8月21日、それぞれのブラウザ(ファイアーフォックスとクローム)がカザフスタン当局の傍受を可能にする証明書をブロックすると発表。英語のほかロシア語とカザフ語でも人々に呼び掛けた。

アップルも自社のブラウザ、サファリで同様の対抗措置を講じた。カザフスタンの弁護士グループは、政府発行の証明書のインストールを利用者に強要した携帯電話事業者を訴えた。

ネット弾圧の予行演習か

検閲を監視する団体はカザフスタンのネットユーザーに、バーチャル・プライベートネットワーク(VPN)やトーア(Tor)のようなセキュリティーの高いプログラムを使うよう勧めている。

人権擁護団体フリーダム・ハウスによればカザフスタンは「自由な国ではない」。インターネット自由度スコアは100点中62点。アゼルバイジャンやジンバブエより低く、ロシアとトルコよりわずかにましな程度だ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

ワールド

ロシア、ドル建て債利払いをルーブルで実施=財務省

ビジネス

S&P、英格付け見通し「ネガティブ」に 財政赤字縮

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レヴィーンの「お相手」たち

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 8

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 9

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 10

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月