最新記事

領土問題

パキスタン政府、インド大使を追放へ カシミール自治権剥奪受け

2019年8月8日(木)10時05分

パキスタン政府は、カシミール地方の領有権を争うインドが北部ジャム・カシミール州の自治権を剥奪したことを受け、インドの駐パキスタン大使を国外追放すると発表した。写真はカシミール地方スリナガルで街頭を警備する軍人(2019年 ロイター/Danish Ismail)

パキスタン政府は7日、カシミール地方の領有権を争うインドが北部ジャム・カシミール州の自治権を剥奪したことを受け、インドの駐パキスタン大使を国外追放すると発表した。

インド政府は5日、北部ジャム・カシミール州に特別な自治権を与える憲法370条を廃止。同州はインドで唯一、イスラム教徒が人口の大半を占めているが、モディ首相率いる与党・インド人民党(BJP)は、特別な自治権が国内の統合の妨げになっているとして、憲法370条の廃止を目指してきた。

これに対し、領有権を主張するパキスタンと中国は強く反発している。

またパキスタン政府は、新たに任命した駐インド大使の着任を控えると明らかにした。

[イスラマバード/シュリーナガル(インド) 7日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏小売売上高、5月は前月比+17.8% 都市

ワールド

イベント制限緩和で了承、緊急事態時と「状況異なる」

ビジネス

JAL、7月にシンガポール線など国際線の一部復便 

ワールド

台湾外交部、ダライ・ラマ14世の訪問実現なら歓迎の

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    新型コロナのワクチンはいつになったらできる?

  • 5

    韓国、Netflix急成長にタダ乗り議論で法改正 政府は…

  • 6

    オーストラリア経済の長期繁栄に終止符 観光・教育・…

  • 7

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染111人 4日連続3…

  • 10

    「バイデン大統領」に備える投資家 ドル売りに米株保…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 7

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 9

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月