最新記事

アマゾン

ディカプリオがアマゾン火災のため500万ドル調達 他のセレブも続々と

DiCaprio's Organization Raises $5M for Amazon Fires

2019年8月27日(火)16時30分
イルマ・ハサン

地球を救うため立ち上がったディカプリオ Mario Anzuoni-REUTERS

<地球の大きな酸素供給減であるアマゾン川流域の熱帯雨林が危ないとすれば、それは他人事ではないと、超セレブたちが訴え>

オスカー俳優で環境保護活動家のレオナルド・ディカプリオは8月18日、ブラジルの熱帯雨林アマゾンで燃え広がる火災の消火に役立てるため500万ドルを調達したことを、自身のインスタグラムで発表した。

ディカプリオが立ち上げた自然保護団体「アース・アライアンス」は、アマゾンで消火活動を支援している5つの地元組織にその資金を寄付した。アース・アライアンスは、ビジネス投資家で慈善家でもあるローレン・パウエル・ジョブズ(故スティーブ・ジョブズの妻)ならびに起業家ブライアン・シェスとディカプリオが共同で創設した団体だ。

ディカプリオは8月16日、インスタグラムで次のようにコメントした。「ブラジルの熱帯雨林アマゾンは、原住民100万人と動植物300万種にとってのふるさとだ。そのアマゾンが今、2週間以上にわたって燃え続けている。ブラジルのアマゾンでは、今年に入ってから7万4000件もの火災が発生した。昨年同時期と比較して84%も増えたという驚くべき数字だ」

さらにこう続けた。「アマゾンは、私たちの祈り以上のものを必要としている」

この投稿をInstagramで見る

#Regram #RG @rainforestalliance: The lungs of the Earth are in flames. The Brazilian Amazon--home to 1 million Indigenous people and 3 million species--has been burning for more than two weeks straight. There have been 74,000 fires in the Brazilian Amazon since the beginning of this year--a staggering 84% increase over the same period last year (National Institute for Space Research, Brazil). Scientists and conservationists attribute the accelerating deforestation to President Jair Bolsonaro, who issued an open invitation to loggers and farmers to clear the land after taking office in January.⁣ ⁣ The largest rainforest in the world is a critical piece of the global climate solution. Without the Amazon, we cannot keep the Earth's warming in check. ⁣ ⁣ The Amazon needs more than our prayers. So what can YOU do?⁣ ⁣ ✔ As an emergency response, donate to frontline Amazon groups working to defend the forest. ⁣ ✔ Consider becoming a regular supporter of the Rainforest Alliance's community forestry initiatives across the world's most vulnerable tropical forests, including the Amazon; this approach is by far the most effective defense against deforestation and natural forest fires, but it requires deep, long-term collaboration between the communities and the public and private sectors. ✔ Stay on top of this story and keep sharing posts, tagging news agencies and influencers. ⁣ ✔ Be a conscious consumer, taking care to support companies committed to responsible supply chains.⁣ Eliminate or reduce consumption of beef; cattle ranching is one of the primary drivers of Amazon deforestation. ✔ When election time comes, VOTE for leaders who understand the urgency of our climate crisis and are willing to take bold action--including strong governance and forward-thinking policy.⁣ ⁣ #RainforestAlliance #SaveTheAmazon #PrayForAmazonia #AmazonRainforest #ActOnClimate #ForestsResist #ClimateCrisis : @mohsinkazmitakespictures / Windy.com

Leonardo DiCaprioさん(@leonardodicaprio)がシェアした投稿 -

「地球の肺が火事だ」から始まるディカプリオの訴え


アマゾン火災に懸念を示し、寄付を行うセレブはディカプリオだけではない。なかには、ブラジル大統領ジャイル・ボルソナロが火災の影響を軽視していると非難するセレブもいる。

「世界的な」緊急事態

歌手マドンナはインスタグラムにこうコメントした。「ボルソナロ大統領、お願いだから政策を変更して、あなたの国だけでなくこの地球全体を助けてほしい。この地を守ることよりも大事な経済発展など存在しない。私たちは目を覚まさなくてはならない!!」

リアリティ番組スターのキム・カーダシアンは、ディカプリオが投稿したのと同じ画像にキャプションを添えて投稿した。「どうやって手助けしたらいいのか、わかる人はいる?」

「United Nations(国連)」にタグ付けするようファンに強く求めたのはR&Bシンガーのミゲル。「ブラジルやアマゾンのために祈るんじゃない。自分自身のために祈ろう。これは『世界的な』緊急事態であり、全人類の安全に影響を及ぼすものだ。@unitednationsとタグ付けして投稿しよう」

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 6

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 7

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 10

    【韓国経済データ】対日輸出動向(2019年1~8月)

  • 1

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 2

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 5

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 6

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 7

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 8

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 9

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャ…

  • 10

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 10

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月