最新記事

韓国事情

輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

2019年7月9日(火)17時15分
佐々木和義

G20サミットで来日時の文在寅大統領 Jorge Silva-REUTERS

<日本の輸出規制に対し、韓国メディアは日本を非難するのではなく、以前から取り沙汰されてきた経済報復に無策だった韓国政府や日本に過度に依存してきた企業への批判が目につく......>

日本政府の韓国向け輸出規制を受け、韓国のマスコミは批判の矛先を韓国政府に向けている。韓国大法院が日本企業に賠償金を命じる判決を下して以降、取り沙汰されてきた経済報復に政府が対策を講じていなかったのだ。

2019年6月25日の国会で経済報復が議論された際にも康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は「報復措置には黙っていない」と答弁したが、実際に輸出規制がはじまると今後の状況を見て研究するという無策ぶりで、韓国産業資源部も最も影響を受けるサムスン電子やSKハイニックス、LGディスプレイなどの役員を呼び、事前に動向を把握できなかったのかと叱責した。韓国中央日報 は国民の生命と財産を守るべき政府が役割を果たしていないと批判している。

韓国政府はWTOへ提訴する?

世界の半導体市場におるシェアはサムスン電子とSKハイニックスの2社で半数を超え、ディスプレイもLGディスプレイとサムスン電子が3割を占めている。いずれも韓国の輸出産業を支える屋台骨だが、今回、日本政府が輸出を規制したエッチングガスは43.9%、レジストは91.9%、フッ化プリイミドは93.7%を日本からの輸入に頼っている。いずれも日本が世界の70%から90%のシェアを持つ材料で、日本企業に代わる輸入先を見つけることは不可能な品目だ。

青瓦台の金尚祖(キム・サンジョ)政策室長は、日本から輸入する必要があるロングリストの1番目から3番目の品目を日本が規制したと述べている

韓国政府は世界貿易機関(WTO)への提訴を検討するとしているが、専門家は疑問視する。日本は安全保障上、軍事転用の可能性がある品目の輸出を規制し、信頼関係にある27か国をホワイト国に指定して輸出手続きを簡素化している。当該品目をこの恩恵対象から除外して輸出ごとに個別審査を義務付けるといった内容で、日本が安全保障を前面に打ち出せば、韓国の勝訴は難しい。

それ以上に、訴訟手続きや2審まで続く時間的な余裕はない。韓国企業の在庫は短いもので1か月、長くても半年ほどで、仮にWTOに提訴をしても決定が下されるまでに韓国企業が被る損害は甚大だ。

日本製品不買運動が起きてはいるが......

韓国中小商人自営業者総連合会が日本製品の販売を中止すると発表し、ネットには日本旅行の中止を呼びかける書き込みや日本出身のK-POPアイドルを追い出そうという声も載せられている。しかし、経済専門家は日本経済に与えるダメージは小さく、感情の溝を深めるに過ぎないと懸念する。長期化すれば韓国企業の損害が拡大し、仮に、たとえば韓国でユニクロの売上げが急減したとしても、被害をかぶるのは店舗と韓国人従業員なのだ。

ニュース速報

ワールド

インドで旅客機が着陸失敗、少なくとも15人死亡

ワールド

米、香港行政長官ら11人に制裁 自治侵害などで

ワールド

米大統領選、バイデン氏勝利予想 トランプ氏追い上げ

ワールド

日英貿易交渉、大半の分野で実質合意 月内の大筋合意

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスクとの向き合い方

  • 4

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 5

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 6

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 7

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 8

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 9

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月