最新記事

難民

エチオピア156万人の難民に世界は無関心

2019年7月3日(水)17時45分
ジョシュア・キーティング

今年6月にはクーデター未遂が起こり、政権の脆弱さが浮き彫りになった(写真は2001年に隣国ケニアに逃れたエチオピア難民) Geroge Mulala-REUTERS

<昨年新たに156万人が難民となったエチオピアは世界最大の難民大国だが、国際社会は驚くほど関心がない>

昨年、紛争や迫害を逃れて住む場所を追われた国内外避難民は世界で7080万人に上ったことが、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の報告書で明らかになった。統計を取り始めた1951年以降で最大。

だが昨年、156万人が「新たに」難民と化し、世界最大を記録したエチオピアに、国際社会は驚くほど無関心だ。昨年4月に就任したアビー首相が改革を進め、国際社会で高い評価を得ていた国だけに、エチオピアの難民急増は衝撃的だ。

6月23日にはクーデター未遂が起こり、政権の脆弱さが浮き彫りになった。政権が改革に取り組むなか、民族紛争が表面化。専門家らは、民族ごとに構成された9州に大規模な自治を認めた90年代の政策が元凶とみている。80近い民族全てに州を与えることなどできず、しこりを残した。

米ジョージア・グウィネット大学の政治学者ヨハネス・ゲダムは、「政党も民族主体で形成され、民族主義運動が拡大し、各民族が政治や経済の不満を叫ぶようになった」と分析する。

©2019 The Slate Group

<本誌2019年7月9日号掲載>

cover0709.jpg
※7月9日号(7月2日発売)は「CIAに学ぶビジネス交渉術」特集。CIA工作員の武器である人心掌握術を活用して仕事を成功させる7つの秘訣とは? 他に、国別ビジネス攻略ガイド、ビジネス交渉に使える英語表現事例集も。


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの毎朝お届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 4

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

  • 5

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 6

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 7

    「香港鎮圧」を警告する中国を困惑させる男

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    日本人が知らない監視社会のプラス面──『幸福な監視…

  • 10

    韓国航空業界に再編の荒波 アシアナは投資ファンド…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    世界が知る「香港」は終わった

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月