最新記事

英保守党

英メイ首相の後継者はどう選ばれる? 与党保守党がたどるプロセス

2019年6月7日(金)14時15分

6月4日、英与党保守党は、7日に党首を辞任すると表明したメイ首相(写真)の後継者選びに入る。2日、英ハイ・ウィカムで撮影(2019年 ロイター/Simon Dawson)

英与党保守党は、7日に党首を辞任すると表明したメイ首相の後継者選びに入る。これまでに11人が次期党首に名乗りを挙げており、党首選の勝者が首相になる。

予想される党首選の手順は以下の通り。

●候補者の指名

党首選に立候補するには8人以上の保守党議員の推薦が必要。過去の党首選ではこの人数がもっと少なかったが、泡沫候補をふるいにかけるため、党内部の委員会がルール変更を行った。

7日1600GMTに候補者募集が始まり、10日0900GMTから同日1600GMTまで推薦を受け付ける。

●議員投票(13日開始)

候補者数を絞り込むため、保守党議員による数段階の投票が実施される。望ましい候補者に無記名で投票する方式。

13日実施の第1回投票で得票数が16票以下の候補者は排除される。全候補者の得票数が16票を超えた場合には、最も得票数の少ない候補者が落とされる。

第2回投票では得票数32票以下の候補が落とされ、全員が32票を超えれば最も得票数の少ない候補者が排除される。

3回目以降の投票は18、19、20日に予定され、その後も候補者が2人に絞られるまで続く。

●党員投票(7月22日の週に終了)

勝ち残った候補者2人は保守党党員による投票にかけられ、勝者が党首になる。過去の投票は郵便を使って行われてきた。

保守党は7月22日に始まる週内に投票を完了したいとしている。

保守党の党員数は約16万人。同党は6月22日に候補者の演説会を開き、党員以外の参加や質疑も受け付けるとしている。

●党首選の間、誰が首相を務めるか

メイ首相は辞任表明の演説で、党首選が終わるまで首相に留まると述べた。

[ロンドン 4日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

独鉱工業生産、10月は予想外の大幅低下 経済成長へ

ビジネス

国土強靭化関連株に買い、息長いテーマ 人材不足でコ

ビジネス

中国、米国産大豆・豚肉の一部の輸入関税免除へ=財政

ビジネス

英フェニックス、スイス再保険の英事業を41億ドルで

MAGAZINE

特集:仮想通貨ウォーズ

2019-12・10号(12/ 3発売)

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

人気ランキング

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 4

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 5

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 6

    鳩山元首相「香港人権法」を批判 習近平と会見も

  • 7

    ヘアカラーと縮毛矯正に潜む乳がん発症リスク

  • 8

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 9

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 10

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 1

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 2

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 3

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 4

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 5

    文在寅大統領は何がしたいのか、なぜ韓国はGSOMIAで…

  • 6

    「反韓」ではなく「嫌韓」なのはなぜ?

  • 7

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 8

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 9

    韓国ボイコットジャパンは競馬にまで 「コリアカップ…

  • 10

    中曽根政権の5年間で日本経済は失われた

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 3

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元恋人バッシング

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 8

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 9

    何が狙いか、土壇場でGSOMIAを延長した韓国の皮算用

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月