最新記事

ドイツ

ドイツ有名ブロガー 偽のホロコースト体験談でタイトル剥奪

2019年6月6日(木)17時15分
モーゲンスタン陽子

「ゴールデン・ブロガー」賞を受賞するヒングスト Inside WirtschaftーYouTube

<有名ブロガーが「22人の親戚のほとんどをホロコーストで失った」という経験を綴り、24万人もの読者を得ていたが、実はすべて嘘だったことが発覚し、問題となっている>

ドイツで2017年に「ゴールデン・ブロガー」賞を受賞した女性ブロガーが、偽のホロコースト体験談を語ってきたとして、そのタイトルを剥奪された。独シュピーゲル誌の独自調査で発覚した。

博士号を持つ歴史学者でもあるブロガーは、「22人の親戚のほとんどをホロコーストで失った」経験を綴り、24万人もの読者を得ていたが、そのような家族は実在しなかった。

承認欲求の果てに?

ナチスによるユダヤ人大虐殺の犠牲者を追悼するためのイスラエル国立記念館ヤド・ヴァシェムでは、専用フォームを使えば誰でも犠牲者を登録することができる。2013年、当時アイルランドに暮らしていたマリー・ソフィー・ヒングストは、22人の家族や親戚の情報を提供し、犠牲者として登録した。だがシュピーゲルによると、「アウシュヴィッツに収容されていた」とされるヒングストの父親は実際にはプロテスタントの牧師で、さらに他の21人についても、公式のアーカイブのどこにも記録が見あたらないという。

同誌によると、ヒングストは当初ダブリンにいて友人もなく、寂しい思いをしていたようだ。まもなくブログを始めたが、そこで、ホロコーストの犠牲者である方が「ユダヤ系ではないドイツ人よりずっと面白い」らしいということに気づいた。架空のユダヤ系祖先の苦難をまことしやかに綴ったブログは次第に注目を集め、2017年、ドイツのゴールデン・ブロガー協会から最優秀女性ブロガーに選ばれた。さらに翌年には、現代欧州に押し寄せる難民の苦難を架空の先祖の体験になぞらえたエッセイにより、フィナンシャル・タイムズ誌から「ヨーロッパの未来賞」を受けている。

次から次へと嘘が明るみに

今回の告発によりゴールデン・ブロガー賞はヒングストのタイトルを剥奪した。同協会の声明では、あれほど読者に愛されたブログが嘘であったことにショックを隠しきれない様子だ。ヒングストに説明を求めているが、今のところ回答はないようだ。ヤド・ヴァシェムも、すでに専門家に依頼し独自の調査を開始しているという。

一方でヒングスト側は弁護士を通じてシュピーゲルに抗議文を出し、ブログは単なる芸術的な創作、つまり「文学」であり、ジャーナリズムや歴史などではないと主張した。だが、「何を今さら」と周囲の反応は冷たい。

さらに別の告発で、ヒングストが2017年にテレビインタビューで語った、インドのスラムに若い男性向けの性的カウンセリングを提供するクリニックを設置し、のちにドイツで難民向けに類似のサービスを開始したという主張も嘘だったことがわかった。

ニュース速報

ワールド

米が9年ぶり有人宇宙飛行、初の民間船をISSへ

ワールド

特別リポート:なぜブラジルは「コロナ感染大国」に転

ワールド

暴動に発展のミネソタ黒人死亡事件、殺人容疑で元警官

ビジネス

訂正-米FRB、社債買入制度通じた27日時点のET

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 インドネシア、入札に敗れた日本の参加要望

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切られた怒りは激烈

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 6

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 7

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 8

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月