最新記事

自動車

仏ルノー、FCAと経営統合に意欲 日産はグループ内で蚊帳の外?

2019年5月29日(水)13時00分

5月29日、仏ルノーはフィアット・クライスラー・オートモビルズ(FCA)との経営統合案を優先し、日産自動車との経営統合を見送る可能性がある。写真はルノーと日産のロゴ。フランスのサン=タヴォルで1月撮影(2019年 ロイター/Christian Hartmann)

仏ルノーはフィアット・クライスラー・オートモビルズ(FCA)との経営統合案を優先し、日産自動車との経営統合を見送る可能性がある。ルノーとの統合案に反対している日産の西川広人社長は、ルノー・FCA統合案には今のところ前向きのようだ。ただ、FCAが参画すれば、世界販売首位に躍り出るグループ内での日産の影響力は、さらに低下する恐れがある。日産は難しい判断を迫られそうだ。

FCAは将来も日産との統合求めず

FCAが求めているルノーとの経営統合の大きな狙いの1つが、ルノーだけでなく、ルノーと企業連合を組む日産と三菱自動車との協業だ。FCAは電気自動車(EV)や自動運転など、次世代技術で先行する日産や三菱自も含めた4社による相乗効果を見込んでいる。

ただ、統合案に詳しい関係筋によると、今回の提案でFCA側はあくまでもルノーとの経営統合を目指しており、将来の日産との統合まで求めていない。その関係筋は、ここ数カ月間のルノーと日産、三菱自との関係は「おそらく誰もが望むほど建設的ではない」と指摘。FCAはルノーに対し、日産との経営統合は追求しないほうがいいとアドバイスするだろうとも話している。

ルノーはFCAとの経営統合案の検討を優先し、これまで強く求めてきた日産との統合案を後回しに、あるいは撤回する可能性がある。もしそうなれば、ルノーとの統合に強く反対してきた西川社長にとっては、想定外の「追い風」にもなる。

FCAとルノーが経営統合案を検討すると発表した27日夜。西川社長は都内で記者団に対し、この統合案について「アライアンス(企業連合)の幅は、広がる方がいい。全体としては将来に向けてポジティブな話だ」と笑顔を見せた。

蚊帳の外だった西川社長

だが、統合案発表までの舞台裏をみると、親子関係でアライアンスも組むパートナー同士であるにもかかわらず、ルノーと日産の間には他人のような距離感があることもあらためて浮き彫りになった。

ルノーとFCAは、今春ごろから今回の協議を水面下で進めていた。だが、関係者4人によれば、西川社長がこの計画を把握したのは両社による発表のほんの数日前。


関係者1人によると、西川社長はルノーの取締役も務める山内康裕・最高執行責任者(COO)を通じて初めて計画のうわさを耳にした。ルノー側から計画に関する正式な通知を受け取ったのは、交渉が報じられるわずか1日前だったという。

統合案では、FCAは当然ながら日産との協業も想定している。もっと事前に相談があってもいいところだが、先の4人とは別の日産関係者は「西川社長を含め、日産は蚊帳の外だった」と話している。

ルノーのジャンドミニク・スナール会長とティエリー・ボロレCEOは、28日に来日。FCAとの経営統合案の説明や日産とルノーとの経営統合を巡る交渉のほか、日産・ルノー両社の関係改善も図るべく、29日に日産、三菱自との3社トップ会談に臨む。

ニュース速報

ビジネス

K―POP「BTS」所属事務所のIPO申請、韓国取

ワールド

香港、居住者に無料で新型コロナ検査を実施へ 中国に

ビジネス

独輸出と鉱工業生産、6月は前月から増加 中国の需要

ワールド

中国外務省、米国のTikTokなどへの取引停止措置

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史からそれは明らか

  • 3

    日本人の親による「子供連れ去り」にEU激怒──厳しい対日決議はなぜ起きたか

  • 4

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 5

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 6

    死刑に賛成する弁護士もいる、終身刑ではいけない理…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    フィリピン首都マニラ都市圏が再ロックダウン 新規…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 4

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 7

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 8

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 9

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 10

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 7

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 8

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 9

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月