最新記事

米中貿易戦争

ナイキなど米シューズ業界、トランプの追加関税実施なら靴の関税は100%になると悲鳴

Nike: Price of Sneakers Could Skyrocket if Trump Imposes Tariffs on China

2019年5月23日(木)14時25分
ダン・キャンチアン

中国から輸入するシューズには既に高い関税がかかっていると米メーカーは訴える Gonzalo Fuentes-REUTERS

<アメリカ経済に「壊滅的」な影響を与える、という悲鳴も、トランプには聞こえていないようだ>

ナイキをはじめとする主要なシューズブランドは、ドナルド・トランプ米大統領が計画している3000億ドル相当の中国製品に対する追加関税を実行すれば、シューズの価格が跳ね上がる、と警告した。

全米靴流通販売業協会(FDRA)は5月20日付の公開書簡の中で、中国との貿易戦争はアメリカの消費者に「ツケを回す」ものだとして、追加関税は思い止まるよう促した。

トランプ宛ての書簡には、ナイキやアディダスなど約170社が署名した。

FDRAのウェブサイト上で公開された書簡の中でこれらの企業は、「シューズを対象とした25%の追加関税は、消費者と企業、そしてアメリカ経済全体に『壊滅的』な影響をもたらすことになる」と抗議した。

シューズ業界は既に毎年およそ30億ドルの関税を支払っており、これ以上関税が引き上げられることになれば、その影響は主に労働階級の個人や世帯を直撃することになるとした。

アメリカでは、一般的な消費財に対する関税が平均1.9%なのに対して、シューズには平均で11.3%、最大で67.5%の関税がかけられている。

「今後さらに25%の追加関税が課されれば、アメリカの勤労世帯は靴に100%近くの税金を払うケースも生じるだろう。理解できない」と訴えた。

中国から「撤退せよ」とトランプ

トランプが5月13日に発表した第4弾の追加課税計画の対象品目の中に、シューズ類が含まれていた。

だがFDRAによれば、シューズは今でも、1930年に導入された関税の負担に苦しんでいる。その上に今回、追加関税が実行されれば、さらに70億ドル相当の負担が生じることになると推定する。

トランプは13日、貿易交渉においてはアメリカがきわめて優位にあり、中国が譲歩しなければ、アメリカ企業が中国から撤退すればいいと言った。

だがFDRAの公開書簡に署名した企業は、それはコスト面からも調達面からも不可能と一蹴した。

「シューズは資本集約型の産業であり、調達先などについては長期的な計画が必要だ。状況が変わったからといって、簡単に工場を移すことはできない」

(翻訳:森美歩)

20190528cover-200.jpg
※5月28日号(5月21日発売)は「ニュースを読み解く哲学超入門」特集。フーコー×監視社会、アーレント×SNS、ヘーゲル×米中対立、J.S.ミル×移民――。AIもビッグデータも解答不能な難問を、あの哲学者ならこう考える。内田樹、萱野稔人、仲正昌樹、清水真木といった気鋭の専門家が執筆。『武器になる哲学』著者、山口周によるブックガイド「ビジネスに効く新『知の古典』」も収録した。


ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者335

ワールド

バイデン氏、米大統領選討論会受け1時間で過去最高の

ビジネス

中国製造業PMI、9月は51.5に上昇 海外需要回

ワールド

米大統領選討論会、コロナ対応や最高裁判事人事で激論

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 3

    無法地帯と化すハイチ 警官が暴徒化する理由とは?

  • 4

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 5

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 8

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 9

    3時間42分にわたって潜水するクジラが確認される

  • 10

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月