最新記事

動物

お騒がせYouTuberが愛したセレブ犬、襲われて死ぬ

Logan Paul’s Dog Kong Da Savage Has Passed Away

2019年4月9日(火)15時12分
スティーブン・アサーチ

ローガン・ポールは「コング」にぞっこんだった Logan Paul Vlogs/YOUTUBE

<青木ヶ原樹海で撮影した自殺遺体の映像をYouTubeに投稿して世界中から批判を浴びたローガン・ポールが、愛犬の悲劇で見せた意外な一面>

人気ユーチューバーのローガン・ポールの愛犬「コング」がロサンゼルスで野生のコヨーテに襲われて死亡した。本人がストーリー機能を使ってインスタグラムに投稿した防犯カメラ映像には、ポール宅の前庭に現れた2匹の野生のコヨーテが映っている。2匹はコングが吠え始めると柵を飛び越えて中に入り、コングをさらった。コングが生きている姿が確認されたのは、それが最後だった。

「普段はどう猛なのに(『Kong Da Savage=どう猛なコング』というのがコングの愛称)今回は勝てなかった」と、ポールはインスタグラムに書いている。「勝ち目なんか全然なかった」

コングはポールが2017年5月にファンから買い取って以降、インフルエンサーとしてインスタグラムに単独のアカウントを持ち(kongdasavage)、フォロワーは300万人近くにのぼっていた。同アカウントには死後、コングの思い出の写真が投稿されている。


コングの死後、ポールはYouTubeに投稿した動画の中で自分の気持ちを語った。長さ12分のこの動画は公開から1日足らずで400万回近く再生された。彼の熱狂的なファンではない人々の心も引きつけており、お悔やみの言葉から怒りの言葉まで、さまざまなコメントが寄せられている。あるユーザーは「エイプリル・フールの冗談だったらいいのに」と投稿。別のユーザーは「私はあなたのファンではないが、この動画であなたに対する見方が変わった」とのコメントを投稿した。

コングに何が起こったのか語るポール。始まりと終わりにコングとの思い出の動画がある


2018年は数々の騒動で注目の的に

YouTubeコミュニティーの面々は一丸となって、ポールとコングへの支持を表明。この一年ポールと対立関係にある人気ユーチューバーのKSIも、お悔やみのメッセージをツイートした。

ローガン・ポールにとって2018年は大変な年だった。愚かにも日本の青木ヶ原樹海で自殺遺体を撮影した動画をYouTubeに投稿したことで批判が殺到。その後の数カ月はYouTubeを離れ、KSIとのボクシング試合に向けたトレーニングに没頭したこともあった。その間、ずっとコングと一緒だった。

View this post on Instagram

half king. half kong. full savage.

King Kong Da Savage Pomさん(@kongdasavage)がシェアした投稿 -


20190416cover-200.jpg

※4月16日号(4月9日発売)は「世界が見た『令和』」特集。新たな日本の針路を、世界はこう予測する。令和ニッポンに寄せられる期待と不安は――。寄稿:キャロル・グラック(コロンビア大学教授)、パックン(芸人)、ミンシン・ペイ(在米中国人学者)、ピーター・タスカ(評論家)、グレン・カール(元CIA工作員)。

ニュース速報

ワールド

カナダの新型コロナ感染者、累計20万人超える

ワールド

中国人民銀、最優遇貸出金利を6カ月連続で据え置き 

ワールド

米CDC、航空機・電車でのマスク着用を「強く勧告」

ワールド

アイルランド、厳しい行動規制導入へ 21日から6週

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 3

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 4

    日本メディアが使う「中国の少数民族」は政治的な差…

  • 5

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 6

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 7

    特権社会・中国ではポルノを見るのも一部の特権

  • 8

    アラスカからNZまで、11日間不休で1万2000キロ、渡り…

  • 9

    中国政府、国内の米国人を拘束する可能性警告 米司…

  • 10

    トランプを批判し「狙われた」美人知事のさらなる受難

  • 1

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 6

    ヒトが進化している証拠? 前腕に動脈を3本持つ人が…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    ネコにゆっくりと瞬きすると、ネコもゆっくりと瞬き…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月