最新記事

動物

お騒がせYouTuberが愛したセレブ犬、襲われて死ぬ

Logan Paul’s Dog Kong Da Savage Has Passed Away

2019年4月9日(火)15時12分
スティーブン・アサーチ

ローガン・ポールは「コング」にぞっこんだった Logan Paul Vlogs/YOUTUBE

<青木ヶ原樹海で撮影した自殺遺体の映像をYouTubeに投稿して世界中から批判を浴びたローガン・ポールが、愛犬の悲劇で見せた意外な一面>

人気ユーチューバーのローガン・ポールの愛犬「コング」がロサンゼルスで野生のコヨーテに襲われて死亡した。本人がストーリー機能を使ってインスタグラムに投稿した防犯カメラ映像には、ポール宅の前庭に現れた2匹の野生のコヨーテが映っている。2匹はコングが吠え始めると柵を飛び越えて中に入り、コングをさらった。コングが生きている姿が確認されたのは、それが最後だった。

「普段はどう猛なのに(『Kong Da Savage=どう猛なコング』というのがコングの愛称)今回は勝てなかった」と、ポールはインスタグラムに書いている。「勝ち目なんか全然なかった」

コングはポールが2017年5月にファンから買い取って以降、インフルエンサーとしてインスタグラムに単独のアカウントを持ち(kongdasavage)、フォロワーは300万人近くにのぼっていた。同アカウントには死後、コングの思い出の写真が投稿されている。


コングの死後、ポールはYouTubeに投稿した動画の中で自分の気持ちを語った。長さ12分のこの動画は公開から1日足らずで400万回近く再生された。彼の熱狂的なファンではない人々の心も引きつけており、お悔やみの言葉から怒りの言葉まで、さまざまなコメントが寄せられている。あるユーザーは「エイプリル・フールの冗談だったらいいのに」と投稿。別のユーザーは「私はあなたのファンではないが、この動画であなたに対する見方が変わった」とのコメントを投稿した。

コングに何が起こったのか語るポール。始まりと終わりにコングとの思い出の動画がある


2018年は数々の騒動で注目の的に

YouTubeコミュニティーの面々は一丸となって、ポールとコングへの支持を表明。この一年ポールと対立関係にある人気ユーチューバーのKSIも、お悔やみのメッセージをツイートした。

ローガン・ポールにとって2018年は大変な年だった。愚かにも日本の青木ヶ原樹海で自殺遺体を撮影した動画をYouTubeに投稿したことで批判が殺到。その後の数カ月はYouTubeを離れ、KSIとのボクシング試合に向けたトレーニングに没頭したこともあった。その間、ずっとコングと一緒だった。

View this post on Instagram

half king. half kong. full savage.

King Kong Da Savage Pomさん(@kongdasavage)がシェアした投稿 -


20190416cover-200.jpg

※4月16日号(4月9日発売)は「世界が見た『令和』」特集。新たな日本の針路を、世界はこう予測する。令和ニッポンに寄せられる期待と不安は――。寄稿:キャロル・グラック(コロンビア大学教授)、パックン(芸人)、ミンシン・ペイ(在米中国人学者)、ピーター・タスカ(評論家)、グレン・カール(元CIA工作員)。

ニュース速報

ビジネス

中国新規融資、7月は9927億元に減少 予想も下回

ワールド

ロシア、新型コロナワクチン認可 世界初

ビジネス

英失業率4─6月は3.9%、就業者数は09年以来の

ビジネス

独バイエル、英バイオ企業を買収へ 更年期症状改善薬

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 3

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 4

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 5

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」…

  • 6

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 7

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 8

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 9

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 10

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月