最新記事

米大統領戦

米大統領選、バイデン出馬で身構えるトランプ

Michael Steele: Trump Is 'Concerned' About Joe Biden

2019年4月26日(金)16時30分
ジェイソン・レモン

Brian Snyder-REUTERS

<米大統領選に遂に名乗り出たのは民主党の重鎮で最有力候補のバイデン前副大統領。20人の民主党候補のうちただ一人、トランプも脅威に感じている>

オバマ政権で副大統領を務めたジョー・バイデンが4月25日(米国時間)、2020年大統領選挙への出馬を目指すべく、民主党候補者指名争いに立候補することを正式に表明した。元共和党全国委員会(RNC)委員長で現在は政治評論家であるマイケル・スティールは、ドナルド・トランプ大統領はバイデンについて、すでに「懸念を覚えている」と述べている。

スティールは4月25日朝、MSNBCに出演し、バイデンの立候補表明について見方を語った。スティールは、トランプはバイデンを最も手ごわい相手と考えているはずだと述べたうえで、「(バイデンに対して)汚いツイートをたくさん出してくるだろう」と警告した。また、トランプが25日朝にバイデンに向けて投稿したツイートに触れ、「トランプが不安に感じている証拠だ」と語った。
「すでに立候補している民主党の19人の候補者たちの顔ぶれを見る限り、ジョー(バイデン)は最も準備が整っている。低俗な方法を使う必要なく、落ち着いた洗練されたやり方でトランプのあとを追えると私は見ている」

バイデンが立候補を表明したキャンペーンビデオ。白人至上主義を容認するトランプを批判した


<関連記事>バイデンの人知れぬ善行がネットで拡散、感激するアメリカ人



「女性に触り過ぎ」「強引なキスをされた」などと非難されるスキャンダルもあった


<関連記事>バイデン前副大統領「髪にキス」で窮地に

トランプも特別な対応

トランプは、バイデンが立候補するとすぐにツイートで反応した。そのことが、トランプが直面している状況をよく物語っていると、スティールは言う。「民主党の指名を争うほかのあまたの候補とジョー・バイデンを比べると、トランプの対応が違う」
  
トランプは25日朝、バイデンの立候補表明を受けて次のようにツイートした。「選挙戦にようこそ、スリーピー・ジョー(寝ぼけまなこのジョー)。君が予備選をうまく戦い抜くための知性を持っていることを祈るばかりだ――前々から怪しんでいたことなのだが。ひどい戦いになるだろう。君が相手にするのは、吐き気を催すようなとんでもなく狂った考えを持つ人間たちだからだ。君が勝利をおさめたあかつきには、出走ゲートで会おう!」

トランプはまた、現RNC委員長ロナ・マクダニエルが、バイデンと前大統領バラク・オバマが政権についていたときの経済実績を批判した内容のツイートをリツイートしている。

マクダニエルはこうツイートしていた。「ジョー・バイデンが記録を見たいと思ったときのために書いておこう。オバマとバイデンの8年間で、製造業の雇用者数は19万3000人も減った。トランプは2年あまりで、製造業で45万3000人の雇用を創出した。バイデンにアメリカを後退させてはならない!」

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    世界が知る「香港」は終わった

  • 5

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    慰安婦問題が突き付ける、「歴史を装った記憶」の危…

  • 8

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 9

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 9

    金正恩が韓国・文在寅政権を猛非難「朝鮮半島情勢緊…

  • 10

    世界が知る「香港」は終わった

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    キム・カーダシアンの「キモノ」に怒った日本人よ、…

  • 9

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月