最新記事

セクハラ疑惑

バイデン前副大統領「髪にキス」で窮地に

Joe Biden Accused of Unwanted Kiss While Vice President

2019年4月1日(月)18時00分
ニコル・グッドカインド

ワシントンで行われた人権擁護団体の夕食会で妻にキスするバイデン Yuri Gripas-REUTERS

<2020年の大統領選挙でも民主党で最有力視されているオバマの右腕にセクハラ疑惑が浮上。たとえ親愛の情の表現でも「接近し過ぎる」と見なされれば、ポスト#MeToo時代には時代遅れと切り捨てられかねない>

2020年の大統領選挙で、まだ出馬表明もしていないのに民主党候補としてトップの支持率を集めているジョゼフ・バイデン(76)に、セクハラ疑惑が持ち上がった。身体に触り、キスをしたとバイデンを非難しているのは元ネバダ州議員のルーシー・フローレス。雑誌「ザ・カット」に寄稿した記事で詳細を明らかにした。

それはバイデンがオバマ政権で副大統領を務めていた2014年のことで、当時、フローレスはネバダ州副知事選に立候補していた。バイデンは、彼女の応援のために選挙集会に参加していた。ある集会で演説をした後、バイデンはフローレスの両肩に手を置き、髪の香りを嗅ぎ、そして後頭部にキスをしたという。

「何が起きているのかわからなかった。とてもショックだった」と、フローレスは書いている。「動くことができず、言葉も出てこなかった。なんとかして、バイデンと離れたかった」

後頭部にキスをすることは、性的暴行にはあたらない。だがそれはいかにも、女性の友人や支持者と距離を縮めすぎるバイデンらしい振る舞いだ。「私はバイデンが法を破ったといおうとしているのではない」と、フローレスは書いた。「でも、社会が些細な罪と見なす(あるいは罪と見ることさえない)行為も、受ける側の人間に大きな影響を与えることが少なくない」

悪意はなくても当事者は不快

バイデンがアシュトン・カーター元国防長官の妻ステファニーの肩に手を置き、耳元で親しげにささやく映像が、2015年にマスコミの批判の対象になったことがある。仲間の上院議員の娘にキスしたり、支持者の女性の唇にキスしたり、女性を膝に乗せた写真もある。

この手の馴れ馴れしいキスについて、悪気はなくとも、バイデンは女性に不快感を与えている、とフローレスは指摘する。

「バイデンはアメリカで2番目、見方によっては世界で最も権力のある男の1人だった」と、フローレスは書いた。「彼は私を州副知事の職にふさわしい人間として応援するためにそこにいた。だが、彼は私に不安と不快感、混乱を感じさせた。アメリカの副大統領は、親しい友人や家族、またはロマンチックなパートナーにのみ許されるやり方で、私に直接触れた。私はそれに対して何もできない無力感にさいなまれた」

本誌に対する声明の中で、ジョー・バイデンの報道担当者ビル・ルッソはこう書いている。「バイデン副大統領は14年にネバダ州副知事に立候補したルーシー・フローレスを応援し、彼女のために集会で演説した。当時、そしてその後も、バイデンはフローレスさんが主張するような事実は認識していなかったし、今も記憶にない」

ニュース速報

ワールド

中国の香港出先機関、米制裁を批判「こっけいでばかげ

ワールド

コロナ対策協議、合意なければ権限行使する=トランプ

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 6

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 7

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 8

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 9

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月