最新記事

セクハラ疑惑

バイデン前副大統領「髪にキス」で窮地に

Joe Biden Accused of Unwanted Kiss While Vice President

2019年4月1日(月)18時00分
ニコル・グッドカインド

ワシントンで行われた人権擁護団体の夕食会で妻にキスするバイデン Yuri Gripas-REUTERS

<2020年の大統領選挙でも民主党で最有力視されているオバマの右腕にセクハラ疑惑が浮上。たとえ親愛の情の表現でも「接近し過ぎる」と見なされれば、ポスト#MeToo時代には時代遅れと切り捨てられかねない>

2020年の大統領選挙で、まだ出馬表明もしていないのに民主党候補としてトップの支持率を集めているジョゼフ・バイデン(76)に、セクハラ疑惑が持ち上がった。身体に触り、キスをしたとバイデンを非難しているのは元ネバダ州議員のルーシー・フローレス。雑誌「ザ・カット」に寄稿した記事で詳細を明らかにした。

それはバイデンがオバマ政権で副大統領を務めていた2014年のことで、当時、フローレスはネバダ州副知事選に立候補していた。バイデンは、彼女の応援のために選挙集会に参加していた。ある集会で演説をした後、バイデンはフローレスの両肩に手を置き、髪の香りを嗅ぎ、そして後頭部にキスをしたという。

「何が起きているのかわからなかった。とてもショックだった」と、フローレスは書いている。「動くことができず、言葉も出てこなかった。なんとかして、バイデンと離れたかった」

後頭部にキスをすることは、性的暴行にはあたらない。だがそれはいかにも、女性の友人や支持者と距離を縮めすぎるバイデンらしい振る舞いだ。「私はバイデンが法を破ったといおうとしているのではない」と、フローレスは書いた。「でも、社会が些細な罪と見なす(あるいは罪と見ることさえない)行為も、受ける側の人間に大きな影響を与えることが少なくない」

悪意はなくても当事者は不快

バイデンがアシュトン・カーター元国防長官の妻ステファニーの肩に手を置き、耳元で親しげにささやく映像が、2015年にマスコミの批判の対象になったことがある。仲間の上院議員の娘にキスしたり、支持者の女性の唇にキスしたり、女性を膝に乗せた写真もある。

この手の馴れ馴れしいキスについて、悪気はなくとも、バイデンは女性に不快感を与えている、とフローレスは指摘する。

「バイデンはアメリカで2番目、見方によっては世界で最も権力のある男の1人だった」と、フローレスは書いた。「彼は私を州副知事の職にふさわしい人間として応援するためにそこにいた。だが、彼は私に不安と不快感、混乱を感じさせた。アメリカの副大統領は、親しい友人や家族、またはロマンチックなパートナーにのみ許されるやり方で、私に直接触れた。私はそれに対して何もできない無力感にさいなまれた」

本誌に対する声明の中で、ジョー・バイデンの報道担当者ビル・ルッソはこう書いている。「バイデン副大統領は14年にネバダ州副知事に立候補したルーシー・フローレスを応援し、彼女のために集会で演説した。当時、そしてその後も、バイデンはフローレスさんが主張するような事実は認識していなかったし、今も記憶にない」

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 3

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 4

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 5

    ロシア軍「Mi8ヘリコプター」にウクライナ軍HIMARSが…

  • 6

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 7

    メーガン妃がファッションを真似るほど憧れていた、…

  • 8

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

  • 9

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 8

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 9

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 10

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

  • 10

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中