最新記事

世界が尊敬する日本人100人

中国人が蒼井そらを愛しているのはセクシー女優だから──だけではない【世界が尊敬する日本人】

2019年4月27日(土)15時25分
安田峰俊(ルポライター)

ILLUSTRATION BY KYOJI ISHIKAWA FOR NEWSWEEK JAPAN

<日本のアダルト業界で一世を風靡した後、一般タレントとして中国に進出して早8年。「私は女神様じゃなくて普通の人」と語る蒼井が人気を保ち続けている理由は>

201904300507cover-200.jpg

※4月30日/5月7日号(4月23日発売)は「世界が尊敬する日本人100人」特集。お笑い芸人からノーベル賞学者まで、誰もが知るスターから知られざる「その道の達人」まで――。文化と言葉の壁を越えて輝く天才・異才・奇才100人を取り上げる特集を、10年ぶりに組みました。渡辺直美、梅原大吾、伊藤比呂美、川島良彰、若宮正子、イチロー、蒼井そら、石上純也、野沢雅子、藤田嗣治......。いま注目すべき100人を選んでいます。

◇ ◇ ◇

「まさか自分が中国語で情報発信しながら海外と仕事をするとは思っていなかった」

蒼井そらは2010年代の中国における最も有名な日本人だ。

2002年に「妹系」のセクシー女優としてデビュー。日本のアダルト業界で一世を風靡し、2011年から中国の芸能界に一般タレントとして進出した。楽曲のリリースや映画・ドラマ出演を何本もこなし、今や名実共に「中国のVIP芸能人」として認められる存在になっている。

中国との接点が生まれたのは2010年4月だ。自身のツイッターのフォロワーに中国人が多いことに気付き、英語や翻訳ソフトで訳した中国語でコミュニケーションを取ったところ、中華圏のメディアで話題に。同年11月、中国国内の大手SNS微博にアカウントを開設すると大ブレイクした。2019年4月現在のフォロワー数は1911万人に上る。

当初はツイッターの書き込みをソフトで翻訳して投稿していたが、「リアルタイムで書いたほうがいいと思って」程なく蒼井自身が中国語を勉強して自分で書き込むようになった。

中国での蒼井の人気が絶頂に達した2012年は、尖閣問題をめぐり日中関係が極度に緊張した時期に当たる。彼女のアカウントに心ない投稿が寄せられる一方で、反日デモの現場では「尖閣諸島は中国のものだが、蒼井そらはみんなのもの」という奇妙なジョークが流行した。

日中双方で、関係悪化を望まない知識人が蒼井を「日中友好の旗手」と持ち上げる動きもあった。

「中国の人たちとは仲良くしたいけれど、政治や歴史問題のことは分からない。でも、発信しないと『負け』な気がして、日常をつぶやいていた」と、蒼井は言う。「私は(日中関係を救う)女神様じゃなくて普通の人。隣にいるお姉さんくらいに思ってくれたらなって」

中国特有の苦労もあった。1週間前に突然決まったイベントが、開始3時間前に中止になる、といった行き当たりばったりもざらだ。現地メディアが流した「蒼井そらの書道作品がオークションで60万元(約1000万円)で落札された」というフェイクニュースでバッシングが起きたりもした。

蒼井はそれでも発信をやめなかった。2018年1月に微博で結婚を公表したが、この中国語の文章も自分で書いた。結果、投稿には中国のファンからの祝福が殺到した。

「ほかの人に書いてもらったら、私の言葉じゃなくなる。もちろん多少の添削はしてもらったが自分で書いた」

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理想と現実の大きなギャップ

  • 2

    生涯未婚率は職業によってこんなに違う

  • 3

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工場」――元監視員が激白

  • 4

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    米富裕層から大統領候補へ「私たちに課税して下さい」

  • 9

    韓国人の日本に対する好感度は上昇、いっぽう日本人…

  • 10

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月