最新記事

北朝鮮情勢

金正恩、ロシアに到着 プーチンと対米交渉について協議へ

2019年4月24日(水)19時00分

4月24日、ロシアのメディア報道によると、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長(写真)が、列車で国境を越えロシアに入った。ロシアメディアのインタビューに答える同士。提供写真(2019年 ロイター)

ロシアのメディア報道によると、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長が24日、列車で国境を越えロシアに入った。

金委員長は核開発を巡る米国との協議が膠着する中、ロシアのプーチン大統領から支援を引き出したい意向だ。

ウシャコフ大統領補佐官によると、金委員長は25日にウラジオストクでプーチン大統領と会談する。朝鮮半島の核問題解決について話し合う。

ウシャコフ氏は、記者団に対し「朝鮮半島を巡る情勢はここ数カ月に幾分安定した。この背景にはロケットの発射停止や核実験場の閉鎖といった北朝鮮の取り組みがある」と指摘。「ロシアはこのポジティブな傾向を確かなものにするため、可能な限り協力する意向だ」と述べた。

ロシア通信(RIA)によると、金委員長は装甲列車で国境の駅ハサンに到着。地元当局者らに出迎えられた。金委員長の祖父である金日成(イルソン)主席の1986年の旧ソ連訪問に合わせて建てられた「ロシア・朝鮮友好の家」も訪問したという。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)はこれより先、金委員長が李容浩(リ・ヨンホ)外相、北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官ら側近を伴い、24日早朝にロシアに向けて専用列車で出発したと報じていた。

[ソウル/モスクワ 24日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

米FRB、地方政府と中小企業支援に2.3兆ドル 新

ビジネス

米失業保険申請が2週連続で600万件超え、厳格な新

ビジネス

サウジ、欧州石油大手4社の株式取得=関係筋

ワールド

スペインのコロナ禍に好転の兆し、新たな経済対策を提

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 2

    中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(8…

  • 5

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 6

    在日ドイツ大使館、日本の新型コロナ検査数の少なさ…

  • 7

    夏には感染は終息する、と考えていいのか? 

  • 8

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 9

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 10

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 4

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 5

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 9

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 10

    人前で「コロナ」と言ったりマスクをするだけで逮捕…

  • 1

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 2

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月