最新記事

アメリカ政治

タイム誌の「100人」選出、米民主党の「過激派」新人議員

Elizabeth Warren Praises Ocasio-Cortez

2019年4月18日(木)18時30分
キャサリン・ハイネット

つい1年前までバーテンダーとして働いていたオカシオコルテス Aaron P. Bernstein-REUTERS

<オカシオコルテスは今年議員になったばかりの29歳、政治経験もないのに、議会では「あり得ないほど」発言力を高めている>

米民主党の大物議員エリザベス・ウォーレンが、米週刊誌タイムの「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた新人議員アレクサンドリア・オカシオコルテスのために短い推薦文を書き、彼女の政治姿勢を激賞した。

ウォーレン上院議員(マサチューセッツ州選出)は、オカシオコルテス下院議員は政府が見て見ぬふりをしている小さな人々の代弁者だ。

(リーマンショックがあった)2008年にオカシオコルテスの父親が亡くなった後、一家は経済的に困窮し、「彼女は、政府は大手金融機関を救済する一方で、自分たちのような貧しい家族を無視するのを目の当たりにしてきた」と、ウォーレンは書いている。「今のアメリカでは、政府は強きを助け、弱きを挫くのだと、彼女は辛い経験を通して学んだのだ」

米議会でウェルズ・ファーゴ銀行のCEOを問い詰めるオカシオコルテス

「1年前には」と、ウォーレンは続ける。「彼女はバーで客の注文をとっていた。今では何百万もの人々が、彼女の言葉に突き動かされている。彼女は私たちみんなに思い出させてくれる。たとえ際限のない欲望と腐敗が進歩を遅らせても、ロビイストが政府と議会を包囲しても、民主主義の国アメリカでは、今なお人々が真のパワーを握っているのだ、と」

トランプの不法移民対策を残酷と非難するオカシオコルテス

元バーテンダーのオカシオコルテスは昨年6月、米中間選挙のニューヨーク州民主党予備選で、大方の予想を裏切って現職のベテラン、ジョー・クラウリーを破り、11月の本戦でも勝利して、今年初めの就任宣誓式で史上最年少の女性下院議員となった。

党内でも毀誉褒貶が激しい

タイムは今年3月、彼女を表紙にした特集を組み、民主党内で急速に「あり得ない」ほど発言力を高めていると紹介した。

ソーシャルメディアの巧みな利用や急進的な政策で、共和党だけでなく、民主党内からも賞賛とともに手厳しい批判を浴びるオカシオコルテス。彼女を過激派と呼ぶ向きも多いが、本人は「社会民主主義者」を自称する。国民全員のための医療保険、不法移民の取り締まりに当たる移民関税執行局(ICE)の廃止、エネルギー政策の転換による雇用創出を目指すグリーン・ニューディールを主要な政策課題に掲げている。

ウォーレンはハーバード・ロースクールの教授を務めた法学者で、やはり党内左派とみなされる進歩的な民主党員だ。2020年の大統領選に向けた民主党予備選の有力候補の1人で、昨年末に選挙戦のための準備委員会を立ち上げ、今年2月に正式に出馬を表明した。

ウォーレン陣営は米政界の「腐敗」一掃、中間層の立て直し、「すべての人々のための外交政策」などの目標を掲げている。

20190423cover-200.jpg

※4月23日号(4月16日発売)は「世界を変えるブロックチェーン起業」特集。難民用デジタルID、分散型送電網、物流管理、医療情報シェア......「分散型台帳」というテクノロジーを使い、世界を救おうとする各国の社会起業家たち。本誌が世界の専門家と選んだ「ブロックチェーン大賞」(Blockchain Impact Awards 2019)受賞の新興企業7社も誌面で紹介する。

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 3

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へ…

  • 6

    「幸せな結婚生活」の科学 研究者夫妻が導き出した…

  • 7

    【特別寄稿】TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒ…

  • 8

    学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格…

  • 9

    ファーウェイたたきはトランプの大博打

  • 10

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    トランプの言うことは正しい

  • 5

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

  • 8

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 9

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 10

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月