最新記事

航空機事故

エチオピア航空墜落で中国が同型機を運航停止に:昨年の墜落機の問題は何だったのか

What We Know About Boeing 737 MAX 8

2019年3月11日(月)16時16分
ギラン・エディベイン

エチオピアの首都アジスアベバの南西で墜落したエチオピア航空302便の残骸(3月11日) Tiksa Negeri-REUTERS

<世界中で人気のボーイングの新型機737MAX8は半年で2度目の墜落、乗員・乗客はどちらも全員死亡。中国当局は、国内の全便に3月11日までの運航停止を命じた>

ケニアの首都ナイロビ行きのエチオピア航空機が3月10日、エチオピアの首都アディスアベバを飛び立って6分後に墜落し、乗員・乗客157人全員が死亡した。

同機はボーイング737MAX8(定員210人)という、2017年に就航したばかりの新しい機種だった。事故原因は不明だが、昨年10月にはインドネシアのライオン航空の同型機が墜落し、乗員・乗客189人全員が死亡する事故が起きており、MAX8の大きな事故はこの半年で2件目となる。

2つの事故に関連があるかどうかは分かっていない。ボーイングと米政府は調査担当者を事故現場に派遣した。

ボーイングは声明で犠牲者の遺族に哀悼の意を示すとともに、「要請があれば、米運輸安全委員会(NTSB)の指示に従って技術チームが技術支援を行う用意がある」と述べた。

ボーイングのウェブサイトによれば、737MAXはこれまでに、世界の100の航空会社などから4700機以上を受注している(MAX7、MAX8、MAX9、MAX10を合わせた数)。世界各地の航空会社が導入し、毎日数多くの機体が空を飛んでいる。

世界中で人気の機種

ボーイングはMAX8(定員210人)について、既存の737型機(航空機の歴史上最も売れた機種だ)の燃費改良版として売り込んできた。

ライオン航空機の事故では、ボーイングがソフトウエアの変更点に関する適切な情報提供やパイロットへの訓練を怠ったとの疑いから調査が行われた。疑念と批判の矛先は、ニューヨーク・タイムズから同型機の認可が甘かったと報じられた連邦航空局(FAA)にも向けられた。

調査の中心となったのは、失速防止ソフトウエアのアップデートだった。ニューヨーク・タイムズの記事によればボーイングとFAAは、従来から使われている非常事態の対応手順が分かっていれば機体を制御するには十分であり、ソフトウエアの変更点についてパイロットに知らせる必要はないと考えていたという。

「航空会社がシームレスな訓練と導入を行えるようにしたいという考えもあって、われわれは故意にMAX8がそのように動くように設計した」と、ボーイングのデニス・マレンバーグ最高経営責任者(CEO)は12月、CNBCに語った。「これまでとは異なる設計の航空機であっても、機体はパイロットの操作で同じように動くように設計されている」

ニュース速報

ワールド

米大統領、CDCやファウチ氏への批判強める コロナ

ビジネス

イタリア、200億ユーロの追加刺激策準備 赤字さら

ワールド

WHO「多くの国が間違った方向に」、コロナさらに深

ワールド

米大統領、学校再開に向け支援拡充の用意=カドロー氏

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 5

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 6

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 10

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月