最新記事

米朝首脳会談

北朝鮮、金正恩のベトナム訪問団が経済視察 成功体験参考に

2019年2月28日(木)10時20分

米朝首脳会談のためベトナムを訪れている金正恩朝鮮労働党委員長の随行団は、ハノイを出発し、工業都市ハイフォンにある工場や世界遺産の観光地、ハロン湾を視察した。写真は米朝首脳会談時の同委員長。ハノイで撮影(2019年 ロイター/Leah Millis)

米朝首脳会談のためベトナムを訪れている金正恩朝鮮労働党委員長の随行団は27日、ハノイを出発し、工業都市ハイフォンにある工場や世界遺産の観光地、ハロン湾を視察した。米国とかつて敵対関係にあったベトナムの経済的成功の模倣を狙う金委員長の姿勢が鮮明となった。

トランプ米大統領は27日、ツイッターに、北朝鮮が非核化すれば、ベトナムのような繁栄を手にすることができると書き込んだ。

金委員長は昨年6月の1回目の米朝首脳会談でシンガポールを訪れた際、シンガポールの経済発展に感銘を受け、同国から多くを学びたいとコメントしていた。

今回の訪問先ベトナムは、1980年代後半に「ドイモイ(刷新)政策」を打ち出して以降、繁栄を遂げてきた。金委員長は、ベトナムの成功体験から学ぼうとする考えを前面に出した。

北朝鮮の外交および経済政策の責任者で構成される随行団は、ハイフォンで自動車メーカーのビンファスト、スマートフォンメーカのビンスマート、農産品・食品メーカーのビンエコの工場を視察。3社は複合企業ビングループの傘下にある。ビンスマートは昨年、同社初のベトナム製スマホ「Vスマート」を発売しており、ビンエコは持続可能な農業を推進している。

トランプ大統領との会談を控えていた金委員長は視察団に加わらなかった。

韓国の中小企業銀行(IBK)で北朝鮮経済を専門にするCho Bong-hyun氏は、「ベトナムのドイモイは、一党体制の維持を目指す一方で成長に向けて大胆な経済改革を追求している北朝鮮にとって理想モデルだ」と指摘した。

視察団を率いたのは李洙墉(リ・スヨン)朝鮮労働党副委員長で、経済政策の最高責任者である呉秀容(オ・スヨン)党副委員長が初めて加わった。呉氏は電子工業相を務めた経験があり、ベトナムの成功体験を参考にするという金委員長の狙いがうかがえる。

ビンファストなどの3工場やハロン湾を視察先に選んだ背景には、金正恩氏による「最先端技術」や自立的な経済の追求があるとみられる。

ハロン湾を昨年訪問した観光客は1200万人以上に上った。北朝鮮は東部・元山や中国との境界にある白頭山麓の三池淵郡で観光客向けのリゾート施設を計画している。

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞はベトナムの「高い潜在力」と農業への依存度が高い経済から「産業構造を多角化」しようとする取り組みを称賛した。

[ハノイ 27日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 5

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 3

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 9

    韓国カフェ:ゴミ対策で使い捨てカップ禁止にしたら…

  • 10

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月