最新記事

高級品店

バーニーズ・ニューヨークが作る高級マリファナショップの品揃え

Barney's Opens Marijuana Lifestyle Store, Sells High-End Cannabis Items

2019年2月13日(水)15時10分
アーサー・ビラサンタ

マリファナをよりスタイリッシュに楽しむためのショップをバーニーズがオープンする magnez2/iStock.

<マリファナを嗜むにも煙草から小道具までこだわりにこだわる人向けのスタイリッシュな店>

贅沢の象徴として燦然と輝くバーニーズ・ニューヨーク(Barneys New York)が大麻を扱うなど、誰が思っただろう。それが、現実になった。バーニーズの大麻ラインは、マリファナカルチャーを金や銀で飾り立てたもの。例えば、純銀製のすり鉢が1475ドル、という具合だ。

ニューヨークを本拠とし、1世紀の歴史を持つ高級デパートのバーニーズはこの3月、嗜好用の大麻が解禁されているカリフォルニア州のビバリーヒルズの旗艦店内で、ヘッドショップ(麻薬用品販売店)をオープンする。カリフォルニアのほかの店舗もあとに続く予定だ。ニューヨークでオープンする可能性も十分にある。

バーニーズは、自社の高級ヘッドショップを「ザ・ハイ・エンド(The High End)」と名づけた。これにより米国の大手小売業者としては初めて大麻と関連商品を提供するという「名声」を獲得することになる。

今や機は熟した

ザ・ハイ・エンドは、「大麻と健康に関する高級コンセプトショップ」と謳われている。だが、高級品で名を知られるバーニーズが、なぜ大麻に手を出そうとしているのだろうか?

バーニーズ・ニューヨークの最高経営責任者(CEO)兼社長を務めるダニエラ・ヴィターレは、「バーニーズは昔から、文化とライフスタイルの変化の最前線に立ってきた。大麻も例外ではない」と語る。

いまや機は熟した、とヴィターレは見る。かつてはマリファナ市場への進出など思いも及ばなかったが、今はマリファナに対する社会の姿勢が以前とは比べ物にならないほど好意的になっている。

ザ・ハイ・エンドを訪れた客の目を楽しませるのは、950ドルのボング(水ぎせるの一種)や、ジュエリーデザイナー、マーティン・アリによる隠しケース、グッド・アート・ハリウッド(Good Art Hlywd)のマリファナ煙草ホルダーやローチクリップ、カリフォルニアのガラス製品スタジオ、シーモン&サラザールの手吹きガラス製水ぎせるといった高級品の数々だ。

そしてもちろん、大麻自体もふんだんに扱う。たとえば、美味な大麻として「マリファナ界のエルメス」と言われるビーボは、ローズゴールド色のベイプペン(電子タバコ用カートリッジ)を銀色にしたバーニーズ限定品や、プリロール(煙草状に巻いたもの)のマリファナを販売する。

(翻訳:ガリレオ)

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ガザ物資搬入、イスラエル軍の活動停止後も進まず 国

ビジネス

中国人民銀、流通市場で国債取引近く開始も 利回り低

ワールド

プーチン氏、北朝鮮の支持に謝意 金総書記は戦略的協

ワールド

中国との平和維持には軍事力必要、強圧に屈しない=台
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中