最新記事

高級品店

バーニーズ・ニューヨークが作る高級マリファナショップの品揃え

Barney's Opens Marijuana Lifestyle Store, Sells High-End Cannabis Items

2019年2月13日(水)15時10分
アーサー・ビラサンタ

マリファナをよりスタイリッシュに楽しむためのショップをバーニーズがオープンする magnez2/iStock.

<マリファナを嗜むにも煙草から小道具までこだわりにこだわる人向けのスタイリッシュな店>

贅沢の象徴として燦然と輝くバーニーズ・ニューヨーク(Barneys New York)が大麻を扱うなど、誰が思っただろう。それが、現実になった。バーニーズの大麻ラインは、マリファナカルチャーを金や銀で飾り立てたもの。例えば、純銀製のすり鉢が1475ドル、という具合だ。

ニューヨークを本拠とし、1世紀の歴史を持つ高級デパートのバーニーズはこの3月、嗜好用の大麻が解禁されているカリフォルニア州のビバリーヒルズの旗艦店内で、ヘッドショップ(麻薬用品販売店)をオープンする。カリフォルニアのほかの店舗もあとに続く予定だ。ニューヨークでオープンする可能性も十分にある。

バーニーズは、自社の高級ヘッドショップを「ザ・ハイ・エンド(The High End)」と名づけた。これにより米国の大手小売業者としては初めて大麻と関連商品を提供するという「名声」を獲得することになる。

今や機は熟した

ザ・ハイ・エンドは、「大麻と健康に関する高級コンセプトショップ」と謳われている。だが、高級品で名を知られるバーニーズが、なぜ大麻に手を出そうとしているのだろうか?

バーニーズ・ニューヨークの最高経営責任者(CEO)兼社長を務めるダニエラ・ヴィターレは、「バーニーズは昔から、文化とライフスタイルの変化の最前線に立ってきた。大麻も例外ではない」と語る。

いまや機は熟した、とヴィターレは見る。かつてはマリファナ市場への進出など思いも及ばなかったが、今はマリファナに対する社会の姿勢が以前とは比べ物にならないほど好意的になっている。

ザ・ハイ・エンドを訪れた客の目を楽しませるのは、950ドルのボング(水ぎせるの一種)や、ジュエリーデザイナー、マーティン・アリによる隠しケース、グッド・アート・ハリウッド(Good Art Hlywd)のマリファナ煙草ホルダーやローチクリップ、カリフォルニアのガラス製品スタジオ、シーモン&サラザールの手吹きガラス製水ぎせるといった高級品の数々だ。

そしてもちろん、大麻自体もふんだんに扱う。たとえば、美味な大麻として「マリファナ界のエルメス」と言われるビーボは、ローズゴールド色のベイプペン(電子タバコ用カートリッジ)を銀色にしたバーニーズ限定品や、プリロール(煙草状に巻いたもの)のマリファナを販売する。

(翻訳:ガリレオ)

ニュース速報

ビジネス

スイス中銀が政策据え置き、マイナス金利は当面続く可

ビジネス

原油市場、OPECプラス減産拡大でも供給過剰続く見

ビジネス

追加歳出4兆4722億円、赤字国債増額も=19年度

ビジネス

JDI、いちごアセットから最大900億円の支援

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 2

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

  • 3

    中国で焚書令、文化大革命の再来か

  • 4

    白人夫婦の中華料理店、「クリーン」を売りにしたら…

  • 5

    自己主張を守るという名の放任子育てが増殖中! 子…

  • 6

    トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの…

  • 7

    これがフィンランドの新内閣 34歳サンナ・マリーン首…

  • 8

    加工した自撮り写真のように整形したい......インス…

  • 9

    自殺した人の脳に共通する特徴とは

  • 10

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 3

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 4

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボ…

  • 5

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 6

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 9

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 10

    次期首相候補、石破支持が安倍首相を抜いて躍進 日…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 7

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月