最新記事

トランプ政権

ドイツ銀行はトランプの融資要請を断っていた

Deutsche Bank Denied Donald Trump Loan in 2016: Report

2019年2月4日(月)18時30分
クリスティーナ・チャオ

トランプはドイツ最大のドイツ銀行と親密だった(写真はフランクフルト本店) Kai Pfaffenbach-REUTERS

<トランプは大統領候補だった2016年、英名門ゴルフ場の買収・改修にかかる費用をめぐってドイツ銀行から「NO」を突きつけられていた>

ニューヨーク・タイムズが2月3日に伝えたところでは、ドイツ銀行は2016年の米大統領選挙中、当時のドナルド・トランプ大統領候補への大型融資を断っていた。トランプはスコットランドのターンベリーにあるゴルフ場の改修費用を工面しようとしていたという。

ドイツ銀行幹部は融資の可否を審査したが、リスクが多すぎると判断した。3人の関係者がニューヨーク・タイムズに語ったところでは、与信審査にはのちのドイツ銀行CEOも加わり、トランプが金のかかる大統領選に出馬し、しかも敵と味方を分ける危険な戦略をとっていたことから、トランプに金を貸すリスクは高まったと考えたという。

逆にトランプが当選すれば、たとえトランプが債務不履行に陥っても大統領の資産を差し押さえるのは容易ではないという懸念もあったという。

トランプ・オーガニゼーションの広報担当者はトランプがドイツ銀行に融資を求めたことはないとし、融資を受けなくとも自力でゴルフ場の改修はできた、と主張した。

「この記事はまったくのでっち上げだ」と広報担当者はニューヨーク・タイムズに述べた。「わが社はトランプ・ターンズベリー(ゴルフ場)の買収も改修も自己資金で賄った。融資が必要になったことは一度もない」

下院情報特別委員会が調査の動きも

ニューヨーク・タイムズによれば大統領選挙でトランプは金を湯水のように使った。「2016年初めの時点で、彼は数千万ドルを自らの選対に貸し付けていた。それ以前にも、トランプ・オーガニゼーションの高級物件買収のために多額の投資をしていた」とニューヨーク・タイムズは伝えている。「事業拡大の資金を得るために、トランプ氏は古くからの盟友であるドイツ銀行に頼ろうとした。ドイツ銀はこの時点においてもまだ、自らを『借金王』と呼ぶ男(トランプ)への融資に前向きな数少ない金融機関の1つだった」

アメリカの銀行は、債務不履行や破産を繰り返してきたトランプへの融資に慎重だった。だがトランプと長年、友好関係にあったドイツ銀行は、そうしたリスクを冒してきた数少ない銀行の1つだった(トランプとの取引を足場にアメリカでの取引を拡大したいという思惑もあった)。1998年にドイツ銀行はトランプに、ある高層ビルの改装費として1億2500万ドルを貸し付けた。それから17年の間にドイツ銀行が関係したトランプ関連の融資は総額25億ドルを超えたという。

トランプとドイツ銀行が、いずれもロシアとつながりをもっている点も興味深い。ドイツ銀行は2017年には、ロシアの顧客の100億ドルにのぼる資金洗浄を手伝った罪で英米当局から6300万ドルの罰金を命じられたこともある。

米下院情報特別委員会のアダム・シフ委員長(民主党)は、長年にわたるドイツ銀行とトランプとの関係について調査を行うつもりだと語った。民主党のマクシーン・ウォーターズ委員長率いる下院金融委員会も、ドイツ銀行からトランプへの融資について調査を行っている。

(翻訳:村井裕美)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 インドネシア、ドラゴンとともに観光収入も絶滅回避へ

  • 2

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 5

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 6

    英王妃の生首は本当に喋ろうとしたのか

  • 7

    93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめ…

  • 8

    文在寅肝いりの現代自動車「低賃金」工場は、韓国の…

  • 9

    観光先進国(G7)を標榜した韓国の宿泊施設がぞくぞ…

  • 10

    ロンドンのインフラ老朽化がもたらした思わぬ発見

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 7

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月