最新記事

北朝鮮

金正恩4度目の訪中は、トランプへの牽制が目的か

2019年1月17日(木)11時15分
スディプト・マイティ

習近平は中朝首脳会談の前に歓迎式典で金正恩をもてなした(1月8日) Xinhua-REUTERS 

<自分の誕生日1月8日にあえて北京入りしたのは、「新しい道」=対中接近を見せつけるためだった?>

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)党委員長は1月8日、中国の習近平(シー・チンピン)国家主席からの招待を受ける形で4度目の訪中を行った。この日はちょうど、金の誕生日だった。

金の実際の生年月日については今も諸説あるが、米政府を含む大半の専門家の見方は84年1月8日で一致している。そうすると、金はこの日で35歳。アメリカ人なら、ようやく大統領選に立候補できる年齢に達したことになる(ちなみにトランプ米大統領は72歳、習は65歳)。

父親の故・金正日(キム・ジョンイル)から最高権力者の地位を継承したのは11年末。当時は祖父の代から続く金王朝の最も若い支配者であり、世界最年少の国家指導者だった。

昨年までの金は前任者と違い、核開発計画を進める北朝鮮に対するアメリカ主導の制裁と非難決議を支持した中国に対し、よそよそしい態度を取っていた。トランプは米朝間の緊張が高まっていた17年、中朝の潜在的な不仲を利用して金に圧力をかけようとした時期がある。

だが18年に入ると、金は外交姿勢を一変させる。韓国と急接近した金は、3月に韓国の特使を通じてトランプに初の米朝首脳会談開催を呼び掛けると、同月末には中国を初めて訪問。その後も6月の米朝首脳会談と3度の南北首脳会談の一方で、2度の訪中を行っている。

「中国は良きパートナー」

北朝鮮国営の朝鮮中央通信によると、今回の3日間の訪中には妻の李雪主(リ・ソルジュ)と金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長を含む外交担当責任者が同行している。

BBCによれば、金は11年に父親が中国やロシアを訪問した際に使用した列車に似た特別列車で中国入りした。「(平壌の)鉄道駅では党、政府、軍の幹部の温かい見送りを受けた」と、朝鮮中央通信は報じている。

対米交渉を担当する金英哲が同行したという事実は、19年のどこかの時点で金とトランプの2度目の米朝首脳会談が開催されるという推測を勢いづかせた。

今回の訪中は、貿易戦争を繰り広げる米中両国が問題解決に向けた話し合いを続けている最中の出来事でもあった。金は1月1日の「新年の辞」で、アメリカが北朝鮮への制裁を緩和しなければ「新しい道」を進むことになると警告した。

ワシントンのシンクタンク、センター・フォー・ザ・ナショナル・インタレストのハリー・カジアニス国防研究部長はこう指摘する。「金はトランプ政権に対し、アメリカと韓国以外にも外交的・経済的選択肢があることを強調したいのだ」

ニュース速報

ワールド

週内のブレグジット合意、困難だが依然可能=EU首席

MAGAZINE

特集:嫌韓の心理学

2019-10・15号(10/ 8発売)

日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

※次号は10/16(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を超える

  • 2

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 3

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 4

    保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理…

  • 5

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

  • 6

    中国に謝罪したNBAに米議員が猛反発

  • 7

    台風19号、東日本直撃し各地で氾濫被害 千曲川は堤防…

  • 8

    韓国チョ・グク法相が辞任表明 親族の不正疑惑巡る批…

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本の漁師から同情の声も

  • 4

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 5

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 6

    ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

  • 7

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

  • 10

    なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月