最新記事

外交

米朝首脳、2月末に再会談へ ホワイトハウス発表、対北朝鮮制裁は維持

2019年1月19日(土)10時48分

1月18日、米ホワイトハウスはトランプ大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と2月末ごろに再会談を行うと発表した。写真は2018年6月撮影(2019年 ロイター/Jonathan Ernst)

米ホワイトハウスは18日、トランプ大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と2月末ごろに再会談を行うと発表した。北朝鮮に対する制裁を当面維持する方針も明確にした。

トランプ大統領はこの日、ワシントンを訪れている北朝鮮の金英哲・朝鮮労働党副委員長と約1時間半にわたり会談。ホワイトハウスによると、非核化問題のほか、2回目の米朝首脳会談などについて協議した。

また、金英哲氏は金委員長からの書簡をトランプ大統領に手渡したという。

会談後、サンダース大統領報道官は「トランプ大統領は金委員長との首脳会談を楽しみにしており、開催場所については後日発表する」と語った。同時に、進展は見られるものの、米国は「北朝鮮に対する圧力と制裁を維持する」と言明した。

米朝首脳再会談開催に向けた意気込みは示されたものの、昨年6月に開催された1回目の会談後、朝鮮半島の非核化に向けた取り組みは大きく進展しておらず、米朝双方の溝が縮まっている兆候は見られない。

実際、金英哲氏が前日ワシントン入りする数時間前にトランプ大統領が発表した「ミサイル防衛見直し(MDR)」は、「和平構築に向けた新たな可能性が開かれたものの、北朝鮮は引き続き深刻な脅威であり、米国は引き続き警戒する必要がある」として、北朝鮮をけん制している。

トランプ大統領との会談に先立ち、金英哲氏はポンペオ国務長官とビーガン北朝鮮担当特別代表とも会談。米国務省は会談後に声明を発表し、「トランプ大統領と金委員長がシンガポールの首脳会談で構築したコミットメントを進展させる取り組み」を巡り「良好な協議」が行われたと明らかにした。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング