最新記事

写真

火の粉を浴びながらフォトグラファーが撮影したのは......(今年を振り返る1枚)

2018年12月17日(月)11時20分
ニューズウィーク日本版編集部

山火事の撮影をするフォトグラファーのジャスティン・サリバン(11月8日、カリフォルニア州パラダイス) Photograph by Noah Berger

<米カリフォルニア州の山火事で話題をさらった写真の裏側。ニューズウィーク日本版の写真特集「激動と混乱の2018年を振り返る」より>

今年11月、史上最悪の犠牲者を出した米カリフォルニア州の山火事で、火の粉を浴びながら撮影するフォトグラファーの写真(上)が話題になった。この写真を撮影したのは仲間のフリーカメラマン、ノア・バーガー。被写体になったのは、ゲッティ・イメージズのジャスティン・サリバンだ。

災害や紛争地などで、取材者はまず自分の身の安全を確保しなければならない。山火事の取材では、写真のように消防士と同様の防火装備に身を包む。もしもの時に備えて、仲間とともに2台の車に分乗し、常に助け合って、より安全な判断をしながら撮影を進めていく。

バージャーは「この写真を見ると、燃えさかる炎が最大の危険要因と考えがちだが、実際には倒木が最も恐ろしい。行く手を塞がれるし、車の上に覆い被さってくる可能性もある」と言う。とりわけ気を付けているのは「消防士たちの邪魔にならないことだ」。

被写体のサリバンが、この時に撮った写真はこちら。

yearendphoto181217-2.jpg

強風と乾燥のために急速に燃え広がった山火事のため燃え上がるレストラン(11月8日、カリフォルニア州パラダイス) Photograph by Justin Sullivan/Getty Images

20年以上にわたり、アメリカの山火事を取材してきたサリバンはこう語る。「毎年、これが自分の経験上最悪の山火事だ、と考えながら取材してきたが、次の年にはより大きな火事が起こってしまう」

今年11月にカリフォルニア州で相次いで起きた山火事では、80人以上が犠牲となった。

181225cover_200.jpg

※12月18日発売の12月25日号(「中国発グローバルアプリ TikTokの衝撃」特集)には、写真特集「激動と混乱の2018年を振り返る」を掲載しています。移民問題から紛争、政治、環境、社会まで、写真で今年を象徴する重要課題を考える恒例企画をぜひご覧ください。

ニュース速報

ビジネス

今週の米株式市場はハイテク・ネット関連企業の決算に

ワールド

ジョンソン英首相、通商協議で高関税活用を検討

ビジネス

アングル:ECB理事会を巡る5つの疑問、戦略見直し

ワールド

新型肺炎の感染者1300人超、欧・豪州に拡大 中国

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日以内の合意が必要

  • 2

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」がまた暴言──意外にも同情を集めている理由

  • 3

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 4

    「金正恩のタワマン、いずれぜんぶ崩壊」......建設…

  • 5

    韓国人留学生だった私しか知らない中曽根元首相の素顔

  • 6

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗…

  • 7

    新型肺炎の真実を伝える調査報道記者は、中国にはも…

  • 8

    新型コロナウイルス肺炎、習近平の指示はなぜ遅れた…

  • 9

    「ブラック・プリンセス」メーガン妃は人種差別の被…

  • 10

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗…

  • 5

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 6

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 7

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 8

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 9

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 10

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 8

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 9

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 10

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月