最新記事

オランダ

礼拝が続くうちは警官は入れない──6週間祈り続けで移民を強制退去から守る教会

Church Holds Nonstop Service to Block Deportation

2018年12月11日(火)16時33分
ジェイソン・レモン

人々は教会に救いを求める DaveBolton/iStock.

<説教で説いていることを実践する──そう言って有志の牧師が余るほど駆け付けるこの教会は、アメリカの教会と大違い?>

オランダのある教会で、国外退去を迫られているアルメニア難民の家族を守るために、6週間にわたってノンストップで礼拝が続けられている。

12月10日付けニューヨーク・タイムズ紙によると、オランダのハーグにあるベテル教会が、警察は礼拝中に教会に立ち入ることができないという、あまり知られていないオランダの法律を利用して、アルメニアに強制送還されそうになっているタムラジャン一家を守っている。一家は両親と子ども3人で、政治的な理由で父親がアルメニアから逃亡せざるをえなくなり、2010年にオランダに移り住んだ。

一家が複数回にわたり亡命申請を行ったにもかかわらず、政府はそれを認めず国外退去を求めた。政府の要求は最初は裁判で退けられたが、最終的に政府は、亡命申請を却下する決定を通すことができた。とはいえ、教会が礼拝を続け、一家が教会内にとどまっている限り、当局は法律上、国外退去を強制できない。

教会のために取材応対を引き受けている広報コンサルタントのフロリーヌ・クエゼはタイムズ紙にこう語った。「私は信仰に厚い人間ではないが、この話を耳にしたとき夫に言った。『びっくりしないで。私は教会に行きたい』。こういう行いで、教会は再び存在意義を持つことができる」

アメリカの福音派は移民嫌い

オランダのプロテスタント牧師団体でチェアマンを務めるテオ・ヘットマはCNNに対し、「私たちは、神と隣人を愛したいと考えている。そして今回の事態は明らかに、隣人への愛を実践する機会だと思う」と述べた。

ノンストップで礼拝を始めた当初はわずか数人の聖職者しかおらず、一人で夜を徹して説教しなければならない牧師もいた。しかし、この運動はたちまちオランダ全体へと広まり、国内各地の牧師たちが、交代で礼拝を続けたいとボランティアを名乗り出ている。べテル教会はいまでは、礼拝への参加を望む牧師たち全員をシフトに組み入れるのに苦労している状態だ。

一家の長女ハヤルピ・タムラジャンはCNNに対し、「本当に嬉しい。ボランティア全員に感謝している」と述べた。

オランダの右派政権が、国外退去命令を撤回するつもりはないと述べたにもかかわらず、教会側は礼拝をやめる気はない。オランダのプロテスタント教会指導者たちは、べテル教会の礼拝を支持すると正式に表明している。

礼拝に参加した牧師のイェッサ・ファン・デル・ファールトはタイムズ紙に対し、「自分たちが説いていることを実践するだけだ」と語った。

オランダのこうした動きと真っ向から対立するのが、アメリカの白人プロテスタント福音派が支持する考え方だ。公共宗教研究所(PRRI)が10月末に公表した調査結果から、白人プロテスタント福音派の51%が、難民のアメリカ入国を阻止する法律の制定に賛成していることが明らかになった。また、白人福音派の57%が、移民はアメリカ社会を脅かす存在だと感じているという。

(翻訳:ガリレオ)

ニュース速報

ワールド

米政権、コロナ追加対策法案の週内合意目指す 「昼夜

ビジネス

豪航空ヴァージン、従業員の3分の1削減へ 短距離便

ビジネス

日産、バルセロナ工場の労組が閉鎖延期案を拒否

ワールド

ポーランド、新規コロナ感染者が最多に 鉱山で流行再

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国のコンテンツビジネス、ダントツの稼ぎ頭は......

  • 3

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み込んだ自動拳銃「白頭山」

  • 4

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 5

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 6

    米国の新型コロナ感染、異常に拡大し新段階に=トラ…

  • 7

    韓国・植物園の「客寄せ」だった土下座像が象徴する…

  • 8

    「文化の盗用」は何が問題で、誰なら許されるのか?…

  • 9

    『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』は何の本…

  • 10

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 3

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 6

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 7

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 8

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 9

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 10

    東京都、30日コロナ感染367人で過去最多 小池知事、酒…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月