最新記事

サウジアラビア

カショギ殺害を裁けないサウジ司法

2018年11月27日(火)16時30分
クリスティナ・マザ

ムハンマドに扮装して事件に抗議(10月19日、ホワイトハウス前で)Win McNamee/GETTY IMAGES

<絶大な権力を持つムハンマド皇太子の知らないところで、このような事件が起きることはありえないが......>

サウジアラビアの検察当局は、ジャーナリストのジャマル・カショギの殺害に関与したとして11人を起訴、うち5人に死刑を求刑した。サウジアラビア政府に批判的だったカショギは10月2日、トルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館を訪れた際に殺害された。

専門家に言わせれば、サウジアラビアで絶大な権力を持つムハンマド皇太子の知らないところで、このような事件が起きることはあり得ない。

しかしサウジアラビア指導部は、皇太子が殺害計画を事前に知っていた事実はないと主張し、ほかの人間に責任を負わせることにした。死刑を求刑された5人の名前は公表されていないが、殺害への関与を指摘されている高官が数人いるとみられる。

1人は、サウジアラビア王室の顧問だったサウド・カハタニ。ムハンマドの長年にわたる側近として知られており、皇太子のスポークスマン役としてソーシャルメディアや報道機関を通じてサウジアラビア政府の主張を発信してきた。部下であるマヘル・ムトレブに、カショギ殺害を指示したとされている。

ムトレブは情報機関の高官で、ムハンマドの警護チームの一員でもあった。サウジアラビア政府関係者によれば、イスタンブール総領事館の現場で殺害を指揮したのがムトレブだという。

サラー・トゥバイギは、サウジアラビア内務省の法医学専門家。カショギが殺害されたときにトルコ入りしていた1人だ。総領事館での証拠隠滅を行ったとされている。

ムスタファ・マダニは、カショギを殺害するためにイスタンブールに入った15人の情報機関チームのリーダーだったとされている。カショギの衣服や眼鏡を身に着けて総領事館の建物を出ていく偽装工作を行った人物とも言われている。

専門家によれば、死刑を求刑された5人が実際に処刑される可能性は低い。「サウジアラビアの裁判所と検察には独立性がない......この事件の政治性を考えると、王室の意向に沿った判断が下されるだろう」と、湾岸問題研究所(ワシントン)のアリ・アハメド所長は言う。

カショギに対する非道な行為へのまっとうな裁きが行われる可能性は、限りなくゼロに近そうだ。

<本誌2018年11月27日号掲載>


※11月27日号(11月20日発売)は「東京五輪を襲う中国ダークウェブ」特集。無防備な日本を狙う中国のサイバー攻撃が、ネットの奥深くで既に始まっている。彼らの「五輪ハッキング計画」の狙いから、中国政府のサイバー戦術の変化、ロシアのサイバー犯罪ビジネスまで、日本に忍び寄る危機をレポート。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 3

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 4

    「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

  • 5

    エジプトのモルシ前大統領、法廷で倒れ非業の死

  • 6

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    日本の神様の名前は、なぜ漢字なのか、どんな意味が…

  • 9

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 10

    米イラン戦争が現実になる日

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 7

    日本の重要性を見失った韓国

  • 8

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 9

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 8

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月