最新記事

サウジアラビア

カショギ殺害を裁けないサウジ司法

2018年11月27日(火)16時30分
クリスティナ・マザ

ムハンマドに扮装して事件に抗議(10月19日、ホワイトハウス前で)Win McNamee/GETTY IMAGES

<絶大な権力を持つムハンマド皇太子の知らないところで、このような事件が起きることはありえないが......>

サウジアラビアの検察当局は、ジャーナリストのジャマル・カショギの殺害に関与したとして11人を起訴、うち5人に死刑を求刑した。サウジアラビア政府に批判的だったカショギは10月2日、トルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館を訪れた際に殺害された。

専門家に言わせれば、サウジアラビアで絶大な権力を持つムハンマド皇太子の知らないところで、このような事件が起きることはあり得ない。

しかしサウジアラビア指導部は、皇太子が殺害計画を事前に知っていた事実はないと主張し、ほかの人間に責任を負わせることにした。死刑を求刑された5人の名前は公表されていないが、殺害への関与を指摘されている高官が数人いるとみられる。

1人は、サウジアラビア王室の顧問だったサウド・カハタニ。ムハンマドの長年にわたる側近として知られており、皇太子のスポークスマン役としてソーシャルメディアや報道機関を通じてサウジアラビア政府の主張を発信してきた。部下であるマヘル・ムトレブに、カショギ殺害を指示したとされている。

ムトレブは情報機関の高官で、ムハンマドの警護チームの一員でもあった。サウジアラビア政府関係者によれば、イスタンブール総領事館の現場で殺害を指揮したのがムトレブだという。

サラー・トゥバイギは、サウジアラビア内務省の法医学専門家。カショギが殺害されたときにトルコ入りしていた1人だ。総領事館での証拠隠滅を行ったとされている。

ムスタファ・マダニは、カショギを殺害するためにイスタンブールに入った15人の情報機関チームのリーダーだったとされている。カショギの衣服や眼鏡を身に着けて総領事館の建物を出ていく偽装工作を行った人物とも言われている。

専門家によれば、死刑を求刑された5人が実際に処刑される可能性は低い。「サウジアラビアの裁判所と検察には独立性がない......この事件の政治性を考えると、王室の意向に沿った判断が下されるだろう」と、湾岸問題研究所(ワシントン)のアリ・アハメド所長は言う。

カショギに対する非道な行為へのまっとうな裁きが行われる可能性は、限りなくゼロに近そうだ。

<本誌2018年11月27日号掲載>


※11月27日号(11月20日発売)は「東京五輪を襲う中国ダークウェブ」特集。無防備な日本を狙う中国のサイバー攻撃が、ネットの奥深くで既に始まっている。彼らの「五輪ハッキング計画」の狙いから、中国政府のサイバー戦術の変化、ロシアのサイバー犯罪ビジネスまで、日本に忍び寄る危機をレポート。

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(5

ビジネス

S&P5日ぶり反落、雇用統計控え利食い売り

ワールド

抗マラリア薬とコロナ患者死亡リスク巡る研究撤回、デ

ワールド

トランプ氏、選対顧問らと会合 景気低迷やデモが再選

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で2桁台

  • 3

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮圧を支持

  • 4

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯…

  • 5

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 6

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 7

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 8

    ドイツで知名度をあげたウイルス学者は、コロナ予防…

  • 9

    横領、虐待...「ナヌムの家」慰安婦被害者の施設で起…

  • 10

    RIP木村花 ネットの悪質コメント、日米韓それぞれの…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月