最新記事

アメリカ政治

米中間選挙、ハリウッドが描く「反トランプ作戦」のシナリオとは?

2018年11月1日(木)16時00分

10月11日、反トランプ運動の最前線にいる米ハリウッド業界は、11月6日の中間選挙において州知事などの選挙の候補者を支援するために、スターたちの影響力と創造性を生かそうとしている。写真は俳優のブラッドリー・ウィットフォードさん。2月にビバリーヒルズで撮影(2018年 ロイター/Mario Anzuoni)

ハリウッドで先月、100人を超える人々の関心が政治に注がれた。場所は「OMG WTF」という派手なサインを掲げたクールなピアノバーだ。

トランプ米大統領と不倫関係を持ち、口止め料を支払われたと主張している米ポルノ女優ストーミー・ダニエルズさんの弁護士を務めるマイケル・アベナッティ氏を中心に集まった人々だ。

「OMG WTF」は、共和党が優位に立つオハイオ、ミシガン、ジョージア、ウィスコンシン、テキサス、フロリダの6州で州議会議員などのポストを狙う民主党候補を支援する政治行動委員会(PAC)だ。州の頭文字を並べたものだが、どちらも「なんてことだ」という意味の3文字の略語で構成されている。

米コメディ「ファニー・オア・ダイ」の元プロデューサー、ベン・シーハン氏(33)は、この会の名称は「私たちが毎日、感じている感情でもある」と語り、人々の笑いを誘った。

ハリウッドのエンタメ業界は、これまでトランプ大統領に対する政治的抵抗の最前線に立っており、移民から銃規制に至るまで、さまざまなテーマに関する進歩的な意見を後押しするために、各種の授賞式やソーシャルメディア、寄付などの場を利用してきた。

ハリウッドは現在、11月6日の中間選挙において「ダウンバロット」と呼ばれる選挙の候補者を支援するために、スターたちの影響力と創造性を生かそうとしている。「ダウンバロット」というのは通常、投票用紙のなかで国政選挙よりも下の方に記載されている州や地方自治体の公職選挙を意味する言葉だ。

このアプローチは、2016年の米大統領選挙が与えた「トランプ・ショック」を受けて、ハリウッドが練り直した政治行動シナリオの一環だ。

4年に1度の米大統領選では、選挙資金を集めるセレブたちが話題を呼び、彼らは有力候補の応援にも登場する。人気歌手のケイティ・ペリーさん、俳優のジョージ・クルーニーさん、プロバスケットボール選手のレブロン・ジェームズさんなど、前回の大統領選でトランプ氏に敗れたヒラリー・クリントン民主党候補を支持したセレブは数多い。

だが、中間選挙の際にはこうしたトップクラスのエンターテイナーが目立たないのが普通であり、彼らが乗り出すのは、注目の激戦区というのが、これまでの常だった。米ポップス歌手テイラー・スウィフトさんは今月、政治に関する沈黙を破り、テネシー州知事と同州選出の上院議員について民主党候補を支持することを明らかにした。

トランプ氏が大統領に就任し、ムスリムが多数を占める複数国家からの渡航禁止措置などの政策を導入し始めると、ハリウッドのタレントたちは、こうした動きに抵抗することに情熱を傾けるようになった、と政治ストラテジストは指摘する。彼らは、ハリウッドがどうすれば最も効果的に反撃できるかをじっくり検討しているという。

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 5

    うろたえる韓国、北朝鮮の非核化交渉で脇役に

  • 6

    トランプの対中貿易戦争に巻き込まれた「勝ち組」と…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    南アフリカのランド、新興国通貨「売り」一番の標的に …

  • 10

    イランはなぜ米軍ドローンを撃墜したか その真の標的

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月