最新記事

SNS

全米2万人が毒舌を吐く「結婚式さらしコミュニティー」

The Wedding Shamers

2018年11月14日(水)18時10分
レイチェル・ウィザーズ

多くの花嫁には「一生に一度だけ主役になれる場」だが Rubberball/Mike Kemp-Brand X Pictures/GETTY IMAGES

<結婚式をめぐる怒りと愚痴とドロドロ話が溢れる「結婚式さらし」コミュニティーの素顔とは>

結婚式は愛し合う2人が結ばれる神聖な儀式。でも誰もが興味を持つのは、そこで起きる人間くさいドラマの数々だ。

例えば今年8月、ある女性が結婚式を4日前にドタキャンして、家族や友人と絶縁したとフェイスブックに投稿した。「クズどもは私の結婚と人生を台無しにした」

「クズども」は何をしたかって? 彼女が計画した夢のウエディングの費用6万ドルの支払いを拒否しただけだ。1人当たりの負担は1500ドル。彼女に言わせれば「世間の相場からみて、それほど大した額じゃない」。

親族の1人がこの投稿のスクリーンショットを「結婚式さらしコミュニティー」でシェア。そこからさらに誰かがツイッターに投稿し、ツイッターの女王でモデルのクリッシー・テイゲンが面白がってリツイート。ネット上で大々的に拡散する騒ぎになった。

テイゲンの名誉のために言っておけば、スクリーンショットを投稿した人物は身内の個人情報が漏れることに無頓着だったが、テイゲンはそこに配慮してぼかしをかけた(それでも結局、女性の個人情報はネット上でダダ漏れになったが)。

この一件で多くの人が結婚式さらしコミュニティーなるものを知ることになった。それはどんなコミュニティーなのか、どうやったら参加できるのか。

結婚式さらしは、フェイスブック上に数あるさらしコミュニティーの1つにすぎない。さらしのターゲットはいろいろある。他人がはめている悪趣味な指輪、おバカなクリスマスパーティー等々。なかでも結婚式は一番盛り上がるネタだ。

代表的な結婚式さらしコミュニティーの会員は2万人を超え、それ以外にも分派や二番煎じグループがある。ちなみにフェイスブック上の結婚式と指輪さらしの最大のコミュニティーのアカウントは現在では削除されたか、非公開になっている。それでも、その他の結婚式さらしコミュニティーのサイトは探せば簡単に見つかる。

悪気のない無害な意地悪フェイスブックのコミュニティーに入るには、いくつかの質問に答えて、規則の遵守に同意しなければならないが、関門はさほど厳重ではない。

なぜドロドロ話で盛り上がるコミュニティーが次々に生まれているのか。独占欲の強い花婿の母、ビーチサンダル姿で式場に現れる花婿など、世の中の結婚式にはトラブルが山ほどあるからだ。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 4

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 5

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 8

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 9

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 10

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月