最新記事

SNS

全米2万人が毒舌を吐く「結婚式さらしコミュニティー」

The Wedding Shamers

2018年11月14日(水)18時10分
レイチェル・ウィザーズ

多くの花嫁には「一生に一度だけ主役になれる場」だが Rubberball/Mike Kemp-Brand X Pictures/GETTY IMAGES

<結婚式をめぐる怒りと愚痴とドロドロ話が溢れる「結婚式さらし」コミュニティーの素顔とは>

結婚式は愛し合う2人が結ばれる神聖な儀式。でも誰もが興味を持つのは、そこで起きる人間くさいドラマの数々だ。

例えば今年8月、ある女性が結婚式を4日前にドタキャンして、家族や友人と絶縁したとフェイスブックに投稿した。「クズどもは私の結婚と人生を台無しにした」

「クズども」は何をしたかって? 彼女が計画した夢のウエディングの費用6万ドルの支払いを拒否しただけだ。1人当たりの負担は1500ドル。彼女に言わせれば「世間の相場からみて、それほど大した額じゃない」。

親族の1人がこの投稿のスクリーンショットを「結婚式さらしコミュニティー」でシェア。そこからさらに誰かがツイッターに投稿し、ツイッターの女王でモデルのクリッシー・テイゲンが面白がってリツイート。ネット上で大々的に拡散する騒ぎになった。

テイゲンの名誉のために言っておけば、スクリーンショットを投稿した人物は身内の個人情報が漏れることに無頓着だったが、テイゲンはそこに配慮してぼかしをかけた(それでも結局、女性の個人情報はネット上でダダ漏れになったが)。

この一件で多くの人が結婚式さらしコミュニティーなるものを知ることになった。それはどんなコミュニティーなのか、どうやったら参加できるのか。

結婚式さらしは、フェイスブック上に数あるさらしコミュニティーの1つにすぎない。さらしのターゲットはいろいろある。他人がはめている悪趣味な指輪、おバカなクリスマスパーティー等々。なかでも結婚式は一番盛り上がるネタだ。

代表的な結婚式さらしコミュニティーの会員は2万人を超え、それ以外にも分派や二番煎じグループがある。ちなみにフェイスブック上の結婚式と指輪さらしの最大のコミュニティーのアカウントは現在では削除されたか、非公開になっている。それでも、その他の結婚式さらしコミュニティーのサイトは探せば簡単に見つかる。

悪気のない無害な意地悪フェイスブックのコミュニティーに入るには、いくつかの質問に答えて、規則の遵守に同意しなければならないが、関門はさほど厳重ではない。

なぜドロドロ話で盛り上がるコミュニティーが次々に生まれているのか。独占欲の強い花婿の母、ビーチサンダル姿で式場に現れる花婿など、世の中の結婚式にはトラブルが山ほどあるからだ。

ニュース速報

ビジネス

英就業者数、9─11月は1年ぶり大幅増 失業率は4

ワールド

新型肺炎の死者6人に、感染者は中国国外も合わせ30

ビジネス

アングル:日銀に広がる景気強気論、リスク要因多くF

ワールド

第2段階合意で関税の全面撤廃ない、米財務長官が見解

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 3

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

  • 4

    世界の富裕層上位2100人が最貧困層46億人より多くの…

  • 5

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 6

    バグダディを追い詰めた IS被害女性ケーラ・ミュラー…

  • 7

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    ヘンリー王子「王室引退」への不満と同情と

  • 10

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月