最新記事

SNS

全米2万人が毒舌を吐く「結婚式さらしコミュニティー」

The Wedding Shamers

2018年11月14日(水)18時10分
レイチェル・ウィザーズ

多くの花嫁には「一生に一度だけ主役になれる場」だが Rubberball/Mike Kemp-Brand X Pictures/GETTY IMAGES

<結婚式をめぐる怒りと愚痴とドロドロ話が溢れる「結婚式さらし」コミュニティーの素顔とは>

結婚式は愛し合う2人が結ばれる神聖な儀式。でも誰もが興味を持つのは、そこで起きる人間くさいドラマの数々だ。

例えば今年8月、ある女性が結婚式を4日前にドタキャンして、家族や友人と絶縁したとフェイスブックに投稿した。「クズどもは私の結婚と人生を台無しにした」

「クズども」は何をしたかって? 彼女が計画した夢のウエディングの費用6万ドルの支払いを拒否しただけだ。1人当たりの負担は1500ドル。彼女に言わせれば「世間の相場からみて、それほど大した額じゃない」。

親族の1人がこの投稿のスクリーンショットを「結婚式さらしコミュニティー」でシェア。そこからさらに誰かがツイッターに投稿し、ツイッターの女王でモデルのクリッシー・テイゲンが面白がってリツイート。ネット上で大々的に拡散する騒ぎになった。

テイゲンの名誉のために言っておけば、スクリーンショットを投稿した人物は身内の個人情報が漏れることに無頓着だったが、テイゲンはそこに配慮してぼかしをかけた(それでも結局、女性の個人情報はネット上でダダ漏れになったが)。

この一件で多くの人が結婚式さらしコミュニティーなるものを知ることになった。それはどんなコミュニティーなのか、どうやったら参加できるのか。

結婚式さらしは、フェイスブック上に数あるさらしコミュニティーの1つにすぎない。さらしのターゲットはいろいろある。他人がはめている悪趣味な指輪、おバカなクリスマスパーティー等々。なかでも結婚式は一番盛り上がるネタだ。

代表的な結婚式さらしコミュニティーの会員は2万人を超え、それ以外にも分派や二番煎じグループがある。ちなみにフェイスブック上の結婚式と指輪さらしの最大のコミュニティーのアカウントは現在では削除されたか、非公開になっている。それでも、その他の結婚式さらしコミュニティーのサイトは探せば簡単に見つかる。

悪気のない無害な意地悪フェイスブックのコミュニティーに入るには、いくつかの質問に答えて、規則の遵守に同意しなければならないが、関門はさほど厳重ではない。

なぜドロドロ話で盛り上がるコミュニティーが次々に生まれているのか。独占欲の強い花婿の母、ビーチサンダル姿で式場に現れる花婿など、世の中の結婚式にはトラブルが山ほどあるからだ。

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 インドネシア、ドラゴンとともに観光収入も絶滅回避へ

  • 2

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 5

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 6

    英王妃の生首は本当に喋ろうとしたのか

  • 7

    93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめ…

  • 8

    文在寅肝いりの現代自動車「低賃金」工場は、韓国の…

  • 9

    観光先進国(G7)を標榜した韓国の宿泊施設がぞくぞ…

  • 10

    ロンドンのインフラ老朽化がもたらした思わぬ発見

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 7

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月