最新記事

開発援助

日中アフリカ支援合戦で、軍配が上がるのはどっちだ?

2018年10月18日(木)18時00分
トリディベシュ・シン・マイニ(インド・ジンダル・グローバル大学助教)

日本政府はアジアとアフリカの連結に意欲を燃やしている(8月にナイロビで開催されたTICADのサイドイベントでスピーチする安倍首相) Thomas Mukoya-REUTERS

<過剰債務を懸念し、中国との違いをアピール――控えめに実績を積む日本に存在感あり>

10月6~7日、東京でアフリカ開発会議(TICAD)閣僚会合が開かれた。来年8月に横浜で開催される7回目の首脳会合、TICAD7に向けて討議を行うためだ。

TICADは日本政府が主導し、国連、国連開発計画、世界銀行およびアフリカ連合委員会と共同で93年から開催されている。アフリカへの関心の喚起を目的とする国際会議で、開始以来、アフリカ開発に中心的役割を果たしてきた。

日本は08~13年にアフリカで小中学校1321校を建設し、4778の医療施設を改善し、1079万人に安全な飲料水へのアクセスを提供。16年にケニアで開催された前回のTICADでは、向こう3年間にインフラや医療分野に総額300億ドル規模の投資を行うと、安倍晋三首相が表明した。

中国にしてみれば、先般の閣僚会合はさまざまな意味で気になる。最も注目すべきは、日本はアフリカ諸国の債務レベルへの懸念から融資に慎重になっていると、河野太郎外相が言明したことだ。インフラ開発のためにアフリカに過剰な融資をする中国よりも、日本のほうが思いやりがあるとの含みがある。

河野は中国との違いを印象付けるかのように、日本はアフリカのインフラ開発支援に当たって、地元住民への経済的恩恵や設備の維持・管理手法の伝授を重視しているとも発言。さらに、医療や防災分野での支援に前向きだと繰り返した。

悪いイメージがないから

問われているのは経済関係だけではない。日本はアフリカとアジアを結び付け、前回のTICADで安倍が打ち出した「自由で開かれたインド太平洋戦略」にアフリカを取り込む未来像を描いている。実現のため、インド政府と推進する「アジア・アフリカ成長回廊」構想では、両地域の連結性向上や経済成長の促進を目標としている。

一方、北京では9月3~4日に中国・アフリカ協力フォーラムが開催され、習近平(シー・チンピン)国家主席が総額600億ドルのアフリカ金融支援を表明。対中懐疑論を解消すべく、「一帯一路」経済圏構想はウィンウィンを目指すもので、アフリカ諸国の内政に干渉する意図はないと強調した。

日本には払拭すべき悪いイメージがない。国際協力機構(JICA)はアフリカで数多くの重要なインフラ事業を支援しているが、やり方は控えめだ。ウガンダで送電網、タンザニアやザンビア、モロッコで鉄道・高速道路の建設を支援し、昨年にはケニア政府と、モンバサ港周辺のインフラ整備のため、最大124億6600万円の円借款貸付契約を結んだ。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 6

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 7

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 10

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月