最新記事

開発援助

日中アフリカ支援合戦で、軍配が上がるのはどっちだ?

2018年10月18日(木)18時00分
トリディベシュ・シン・マイニ(インド・ジンダル・グローバル大学助教)

日本政府はアジアとアフリカの連結に意欲を燃やしている(8月にナイロビで開催されたTICADのサイドイベントでスピーチする安倍首相) Thomas Mukoya-REUTERS

<過剰債務を懸念し、中国との違いをアピール――控えめに実績を積む日本に存在感あり>

10月6~7日、東京でアフリカ開発会議(TICAD)閣僚会合が開かれた。来年8月に横浜で開催される7回目の首脳会合、TICAD7に向けて討議を行うためだ。

TICADは日本政府が主導し、国連、国連開発計画、世界銀行およびアフリカ連合委員会と共同で93年から開催されている。アフリカへの関心の喚起を目的とする国際会議で、開始以来、アフリカ開発に中心的役割を果たしてきた。

日本は08~13年にアフリカで小中学校1321校を建設し、4778の医療施設を改善し、1079万人に安全な飲料水へのアクセスを提供。16年にケニアで開催された前回のTICADでは、向こう3年間にインフラや医療分野に総額300億ドル規模の投資を行うと、安倍晋三首相が表明した。

中国にしてみれば、先般の閣僚会合はさまざまな意味で気になる。最も注目すべきは、日本はアフリカ諸国の債務レベルへの懸念から融資に慎重になっていると、河野太郎外相が言明したことだ。インフラ開発のためにアフリカに過剰な融資をする中国よりも、日本のほうが思いやりがあるとの含みがある。

河野は中国との違いを印象付けるかのように、日本はアフリカのインフラ開発支援に当たって、地元住民への経済的恩恵や設備の維持・管理手法の伝授を重視しているとも発言。さらに、医療や防災分野での支援に前向きだと繰り返した。

悪いイメージがないから

問われているのは経済関係だけではない。日本はアフリカとアジアを結び付け、前回のTICADで安倍が打ち出した「自由で開かれたインド太平洋戦略」にアフリカを取り込む未来像を描いている。実現のため、インド政府と推進する「アジア・アフリカ成長回廊」構想では、両地域の連結性向上や経済成長の促進を目標としている。

一方、北京では9月3~4日に中国・アフリカ協力フォーラムが開催され、習近平(シー・チンピン)国家主席が総額600億ドルのアフリカ金融支援を表明。対中懐疑論を解消すべく、「一帯一路」経済圏構想はウィンウィンを目指すもので、アフリカ諸国の内政に干渉する意図はないと強調した。

日本には払拭すべき悪いイメージがない。国際協力機構(JICA)はアフリカで数多くの重要なインフラ事業を支援しているが、やり方は控えめだ。ウガンダで送電網、タンザニアやザンビア、モロッコで鉄道・高速道路の建設を支援し、昨年にはケニア政府と、モンバサ港周辺のインフラ整備のため、最大124億6600万円の円借款貸付契約を結んだ。

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 3

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 8

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 9

    北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

  • 10

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 5

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月