最新記事

米中間選挙

キリスト教福音派までが共和党保守派に反旗「民主党を勝たせる」

Anti-Trump Evangelical Christians Tour to Flip Congress

2018年10月10日(水)17時30分
ジェシカ・クウォン

民主党候補を勝たせるための全米バスツアーに出た牧師ダグ・パジット Vote Common Good

11月に迫った米中間選挙を前に、従来から堅固な共和党支持層として知られてきたキリスト教福音派の間にまで反トランプの動きが台頭してきた。同じ福音派の信者に共和党候補に投票をするのをやめるよう説得して歩くバスツアーを10月に開始したのだ。

彼らの目標は、米議会における共和党の優位を覆し、民主党を多数派に押し上げることだという。運動のキャッチフレーズも「Flip Congress for the Common Good(共通善のために議会を引っくり返そう」だ。

「共通善に投票を(Vote Common Good)」と名乗るこの団体は、今の共和党はもはや信心深いキリスト教徒の価値観を体現していないという驚きのメッセージを携え、中間選挙までの約1カ月間で全米30都市を回る。狙うのは、民主党の候補者が共和党の現職議員に挑む選挙区だ。

ミネアポリスの牧師で「共通善」の共同創設者であるダグ・パジットは10月8日、ハフィントン・ポストの取材に対し、「議会の勢力図をひっくり返さなくてはならないとの思いから、我々はありえない行動に出た」と言った。

「最近起きている許しがたい出来事に対抗するには、同じくらい強烈な反応が必要だ。通常の党派対立には収まらない問題だ」とパジットは指摘する。

すべての人に自由とチャンスを

プロテスタントの一派であるキリスト教福音派の信徒はこれまで共和党の支持基盤とされてきただけに、今回のバスツアーは前代未聞だ。福音派は人工妊娠中絶に反対し、同性同士の結婚を認めないなど保守派のなかでも強硬で、その点において共和党保守派と相通じるものがあった。意見調査サイト「ファイブ・サーティエイト」によると、2016年の大統領選挙では、白人福音派の実に81%がトランプに投票したという。

アーカンソー州の牧師で、「共通善」の政治ディレクターを務めるロブ・ライヤーズは、ハフィントン・ポストに送った声明の中でこう述べている。「我々に必要なのは、貧しい者や病める者に背を向けない候補者だ。子どもを親から引き離したりせず、すべての人に自由とチャンスを与えることを支持する候補者だ」

MAGAZINE

特集:移民の歌

2018-12・11号(12/ 4発売)

「移民」受け入れが議論される人手不足の日本でとなりに生きる外国人労働者たちの声を聴く

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 4

    カルロス・ゴーン逮捕に見る日本の司法制度の異常さ

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が倒産している

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    倒産する大学の4つの特徴:地方、小規模、名称変更、…

  • 8

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月