最新記事

事件

反トランプ派への爆発物事件で50代男を逮捕 小包から検出の指紋と一致

2018年10月27日(土)10時08分

 10月26日、米国で爆発物とみられる不審物が有力民主党議員らに相次いで送りつけられた事件を巡り、捜査当局は事件に関与したとみられる容疑者を拘束したと発表した。写真はマンハッタンの郵便局を調べる警官ら(2018年 ロイター/MIKE SEGAR)

米連邦捜査局(FBI)は26日、爆発物とみられる不審物少なくとも14個を有力民主党議員らに送りつけた疑いで、フロリダ州在住のシーザー・セーヤ容疑者(56)を逮捕したと発表した。

FBIのレイ長官は、DNA鑑定などの結果、マキシン・ウォータズ下院議員に送られた小包から検出された指紋が容疑者と一致したことを明らかにした。

米司法省によると、セーヤ容疑者は5件の罪状で訴追され、有罪が確定すれば、最長48年の禁固刑に処される可能性がある。

爆発物が入ったとみられる不審な小包はオバマ前米大統領や2016年大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏のほか、有力民主党議員、民主党の主要献金者とされる著名投資家ジョージ・ソロス氏、反トランプ派の俳優ロバート・デニーロ氏、CNNニューヨーク支局などに送られた。

捜査当局はフロリダ州フォートローダーデール近郊でセーヤ容疑者を逮捕し、同容疑者が乗っていたバンを押収。同車両には「CNN最低」など、親トランプ派のスローガンが書かれたスティッカーが大量に張られていたという。

容疑者には爆破予告などの犯罪歴があるほか、ソーシャルメディア上では反トランプ派を中傷するコメントを掲載していたとされる。

レイFBI長官によると、まだ発見されてない不審な郵便物が存在する可能性がある。

容疑者拘束のニュースを受け、トランプ大統領は「政治的暴力が米社会に根付くことを決して容認してはならない」とし、「そうした事態を食い止めるため、大統領の権限においてあらゆる措置を講じる」と言明した。



[プランテーション(米フロリダ州)/ワシントン 26日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 2

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    香港対応に見る習近平政権のだらしなさ

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 7

    文在寅が「タマネギ男」の検察改革に固執する理由

  • 8

    文在寅「超側近」チョ・グクの疑惑がここまで韓国人…

  • 9

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

  • 10

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 6

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 7

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 8

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」…

  • 9

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 10

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 1

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 9

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 10

    女性のお腹で次第に成長するしこりは、双子の片割れ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月