最新記事

英王室

ダイアナ元妃を夢中にさせた不倫相手が死去

Diana’s Ex-Lover ‘Consumed Her Thoughts’

2018年9月13日(木)16時00分
カミーユ・ハイムブロッド

1995年にパリを訪問したダイアナ(左はモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンのベルナール・アルノー会長) Charles Platiau-REUTERS

<16歳年上の元愛人ホアはダイアナを性的に目覚めさせた男だった>

故ダイアナ元妃の不倫相手だった美術商のオリバー・ホアがパリの自宅で死去したと、9月11日に英メディアが伝えた。享年73歳。癌で闘病中だった。

ダイアナはホアに夢中だったと伝えられている。ホアも既婚者で、2人はダブル不倫の関係だった。英大衆紙サンのエイミー・ジョーンズ記者によると、ダイアナはダイヤモンドのイヤリングをつけ、毛皮のコートにハイヒール姿で、ケンジントン宮殿からこっそり出て行く姿を目撃され、のちにホアに会いに行っていたことがわかったという。

ダイアナの身辺警護をしていたケン・ウォーフェによると、精神的に辛かった時期に、ダイアナが頼りにしたのがホアだった。「彼女はほとんど常に彼を必要としていた。性的な喜びを初めて教えてくれたのは彼だと、私に打ち明けた。その後に明らかになったさまざまな醜聞も、それで説明がつく」

ホアの洗練された魅力的な物腰に引かれたと、ダイアナはウォーフェに話したという。ダイアナは友人のレディ・バウカーにも、「ハンサムなホア」とイタリアで暮らせたら、どんなに素敵だろうと話していた。

女の子を妊娠していた?

ホアに捨てられた後、ダイアナがひっきりなしに彼に電話をかけて、彼の結婚生活を脅かそうとしたという話も伝えられている。ダイアナはかなり後になってからインタビューで、6〜9カ月の間に何度か電話したことはあっても、かけ続けたことはないと言っていた。

『ダイアナ"本当の私"』の著者であるレディ・コリン・キャンベルも、ダイアナは精神的に苦しかった時期にホアに支えられたと話している。ダイアナは妊娠し、人工妊娠中絶をさせられたと言われている。キャンベルによると女の子だった可能性があるという。父親の名前は明らかにされていない。

ダイアナの長年の友人ビビエンヌ・パリーは、ダイアナは夫以外の男性の子供を妊娠したことも、中絶をしたこともないと断言する。「この手の話には何の信憑性もない」

本人に確かめようにも、ダイアナは21年前、パリで別の愛人と共に交通事故で亡くなり、真実は永遠に藪の中だ。

(International Business Times)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である理由【世界が尊敬する日本人】

  • 2

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 3

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 4

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 5

    93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめ…

  • 6

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 7

    文在寅肝いりの現代自動車「低賃金」工場は、韓国の…

  • 8

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結…

  • 9

    避妊薬の服用法にバチカンへの「忖度」があった!?

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 8

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月