最新記事

中台関係

エルサルバドル、台湾との断交に「中国からの内政干渉受容」=米政府

2018年8月25日(土)09時28分

 8月23日、米ホワイトハウスは、台湾と断交して中国と新たに国交を樹立したエルサルバドルの決定について、米国政府にとって深刻な懸念だとして非難したほか、中国は覇権を求めるために経済的誘因を提供していると警告する声明文を発表した。写真は台北で3月撮影(2018年 ロイター/Tyrone Siu)

米ホワイトハウスは23日、台湾と断交して中国と新たに国交を樹立したエルサルバドルの決定について、米国政府にとって深刻な懸念だとして非難し、中国は覇権を求めるために経済的誘因を提供していると警告する声明文を発表した。

声明は「エルサルバドル政府が自国の内政に対する中国の明らかな干渉を受容したことは米国にとって深刻な懸念であり、エルサルバドルとわれわれの関係の再評価につながるだろう」とした。

短期的な経済成長とインフラ向けに国家主導の投資を獲得するために中国との関係樹立・拡大を望む国々は長期的には失望する可能性がある、と指摘。「世界中で各国政府は中国の経済的誘因がパートナーシップではなく、経済的依存・支配を促進するという現実に目覚めている」との認識を示した。

また、中国による「両岸関係の不安定化および西半球に対する政治的干渉」に反対し続けるとした。

台湾総統府の報道官は声明で、「公正のために意見を表明」したとして米政府に謝意を示した。「台湾は引き続き地域の安定と利益に向けて取り組み、中国の強制により民主的な自由を放棄することは決してない」とした。

一方、中国外務省の陸慷報道官は、同国とエルサルバドルとの国交樹立は「完全にまっとうで公正」だとし、米国にこの国交を「正しく受け止めるよう」求めた。

陸報道官は、中国は既に米国を含め米州の25カ国と外交関係を結んでいたとし、中国は経済発展と安全保障を積極的に推進してきたと述べた。外交関係を結ぶ国が26カ国になったことで、「なぜ安全保障と発展に影響することになるのか」と語った。

また「他国の国内情勢に関する決定を尊重し、覇権主義的な行動を控えるよう、関係国に求める」と述べた。

*内容を追加します。



[ワシントン/台北 24日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

独VWのウィッターCFO、来年夏に退任へ=経済誌

ビジネス

中国新規融資、1月は3.34兆元 過去最高更新

ワールド

現時点でイベントなどの一律の自粛要請はしない=加藤

ビジネス

能天気に景気回復としているわけでない=西村経済再生

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 3

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 4

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 5

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    誰でも今すぐ「頭がよい人」になれる、「往復運動」…

  • 9

    新型コロナウイルス、クルーズ船の悲劇はまだ終わっ…

  • 10

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 3

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

  • 6

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 7

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 8

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

  • 9

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 10

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 3

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 4

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 9

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 10

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月