最新記事

W杯

W杯フランス決勝の日はエッフェル塔を閉鎖

2018年7月13日(金)17時00分
ダミアン・シャルコフ

ベルギー戦の勝利に喜ぶフランスサポーター。次はW杯2度目の優勝がかかっている Gonzalo Fuentes-REUTERS

<優勝すればパリ史上最大のストリート・パーティーも予想される>

フランスの首都パリの観光名所エッフェル塔が、ロシアW杯決勝戦の日に閉鎖されることになった。4面の巨大スクリーンに流れる試合中継を観戦するため、ふもとの公園に最大9万人のフランスサポーターが集結するからだ。

フランスの決勝戦の対戦相手は、初の決勝進出となるクロアチア。サッカー界最大の栄誉であるW杯で優勝トロフィーをつかむため、フランスは1998年大会以来5大会ぶり2度目の頂点を目指して戦う。パリ当局も優勝をかけた大一番で全面的な協力を約束したため、熱狂したサポーターがパリ史上最大のストリート・パーティーを繰り広げるかもしれない。

「安全上の理由から、7月15日はエッフェル塔を閉鎖します。エッフェル塔に隣接したシャン・ド・マルス公園に、W杯決勝戦を観戦するためのファンゾーンを設置するためです」という案内文が7月12日、エッフェル塔の公式ホームページにアップされた。「(エッフェル塔への)入場チケットを購入済みのお客様には、2カ月以内にクレジットカードの口座に全額返金します」

7月10日に行われたベルギーとの準決勝では、パリ市庁舎前のファンゾーンに2万人の市民が駆けつけ、声援を送った。決勝戦は、市中心部を流れるセーヌ川の南岸に面するシャン・ド・マルス公園にファンゾーンが移動する。パリ当局は約8万人を上回るサポーターが集まった場合に備え、約4000人の警察官を警備に当たらせる予定、とラジオ局フランス・ブルーは伝えた。

大都市も観戦を後押し

年間700万人の観光客を誇るエッフェル塔が決勝当日に閉鎖されるのは、その下に100平方メートルの1面を含む計4面の巨大スクリーンが設置され、パブリックビューイングが行われるため。

イベントのスローガンは「フランス最大のファンゾーン」。フランスの大都市の多くが決勝戦のパブリックビューイングを計画しており、リヨンやトゥールーズ、ニース、リールなどの地方都市はこぞって、大型スクリーンを備えたファンゾーンを設けると発表した。ただし、パリに次ぐフランス第2の都市マルセイユは、まだ大勢のサポーターが決勝戦をどこで観戦できるかいまだに発表しておらず、ソーシャルメディアは住民からの苦情があふれている。

フランスは2000年の欧州選手権を制して以来18年間、主要大会で優勝していない。前回優勝のドイツや優勝の有力候補だったブラジルなどの強豪国が敗退した今、フランスがクロアチアを破って王者に返り咲く公算が大きい、とみられている。

(翻訳:河原里香)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ビジネス

ECB、正常化の加速は計画せず=プラート専務理事

ビジネス

独産業連盟、今年の成長率・輸出予想引き下げ 米通商

ワールド

スウェーデン議会、ロベーン首相の不信任決議 政局不

ビジネス

金融政策、効果と副作用をバランスよく考慮する必要=

MAGAZINE

特集:リーマンショック10年 危機がまた来る

2018-9・25号(9/19発売)

貿易戦争、新興国の通貨急落、緩和バブル崩壊...... 世界経済を直撃した未曽有の危機が再び人類を襲う日

※次号10/2号は9/26(水)発売です

人気ランキング

  • 1

    米関税免除の成功に沸いた韓国鉄鋼界 代償の割り当て枠で苦境、日本と明暗

  • 2

    日本は大坂なおみの二重国籍を認めるべき!

  • 3

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に手段のない女性たち

  • 4

    米国政治の混乱ここまで 米司法副長官がトランプの…

  • 5

    日本発のヤクザゲーム『龍が如く』がアメリカを席巻⁉

  • 6

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 7

    沈みゆく船を見切ったアリババ会長ジャック・マーが…

  • 8

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 9

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

  • 10

    モルディブ大統領選、中国重視の現職破り野党候補が…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 4

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 5

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 6

    酸攻撃に遭い地獄を見た女性「誰にも醜いとは言わせ…

  • 7

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 8

    自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

  • 9

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 10

    『アンネの日記』から明かされた「下ネタ」でアンネ…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 5

    絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自…

  • 6

    性拷問、昏睡死......北朝鮮・外国人拘束のあこぎな…

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月