最新記事

W杯

W杯フランス決勝の日はエッフェル塔を閉鎖

2018年7月13日(金)17時00分
ダミアン・シャルコフ

ベルギー戦の勝利に喜ぶフランスサポーター。次はW杯2度目の優勝がかかっている Gonzalo Fuentes-REUTERS

<優勝すればパリ史上最大のストリート・パーティーも予想される>

フランスの首都パリの観光名所エッフェル塔が、ロシアW杯決勝戦の日に閉鎖されることになった。4面の巨大スクリーンに流れる試合中継を観戦するため、ふもとの公園に最大9万人のフランスサポーターが集結するからだ。

フランスの決勝戦の対戦相手は、初の決勝進出となるクロアチア。サッカー界最大の栄誉であるW杯で優勝トロフィーをつかむため、フランスは1998年大会以来5大会ぶり2度目の頂点を目指して戦う。パリ当局も優勝をかけた大一番で全面的な協力を約束したため、熱狂したサポーターがパリ史上最大のストリート・パーティーを繰り広げるかもしれない。

「安全上の理由から、7月15日はエッフェル塔を閉鎖します。エッフェル塔に隣接したシャン・ド・マルス公園に、W杯決勝戦を観戦するためのファンゾーンを設置するためです」という案内文が7月12日、エッフェル塔の公式ホームページにアップされた。「(エッフェル塔への)入場チケットを購入済みのお客様には、2カ月以内にクレジットカードの口座に全額返金します」

7月10日に行われたベルギーとの準決勝では、パリ市庁舎前のファンゾーンに2万人の市民が駆けつけ、声援を送った。決勝戦は、市中心部を流れるセーヌ川の南岸に面するシャン・ド・マルス公園にファンゾーンが移動する。パリ当局は約8万人を上回るサポーターが集まった場合に備え、約4000人の警察官を警備に当たらせる予定、とラジオ局フランス・ブルーは伝えた。

大都市も観戦を後押し

年間700万人の観光客を誇るエッフェル塔が決勝当日に閉鎖されるのは、その下に100平方メートルの1面を含む計4面の巨大スクリーンが設置され、パブリックビューイングが行われるため。

イベントのスローガンは「フランス最大のファンゾーン」。フランスの大都市の多くが決勝戦のパブリックビューイングを計画しており、リヨンやトゥールーズ、ニース、リールなどの地方都市はこぞって、大型スクリーンを備えたファンゾーンを設けると発表した。ただし、パリに次ぐフランス第2の都市マルセイユは、まだ大勢のサポーターが決勝戦をどこで観戦できるかいまだに発表しておらず、ソーシャルメディアは住民からの苦情があふれている。

フランスは2000年の欧州選手権を制して以来18年間、主要大会で優勝していない。前回優勝のドイツや優勝の有力候補だったブラジルなどの強豪国が敗退した今、フランスがクロアチアを破って王者に返り咲く公算が大きい、とみられている。

(翻訳:河原里香)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

人気ランキング

  • 1

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」というロシアの主張は大間違い

  • 2

    「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対策急ぐドイツ

  • 3

    米政府閉鎖で一カ月近く無給の連邦職員、食料配給に殺到

  • 4

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 5

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 6

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 7

    人工衛星で「夜空に広告」──ロシア新興企業のプラン…

  • 8

    【動画】中国の会社従業員「四つ這い」懲罰に非難殺到

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 6

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 7

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 8

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 8

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月