最新記事

W杯

ロシアW杯で水不足、猛暑で拍車

2018年7月9日(月)16時30分
ダニエル・モリッツ・ラブソン

ウルグアイ対フランス戦を控えたサマラで観客に水をかけるボランティア(7月6日)Carlos Garcia Rawlins-REUTERS

<サッカーファンで溢れかえるロシアの地方都市が問題に直面>

ワールドカップ(W杯)を目がけて世界中からやってくる観光客は、ロシア経済を一時的であれ活性化させるものと期待されていた。だが実際には、大量の観光客をさばききれず逆境に直面する都市が出てきている。

7月7日にイングランドとスウェーデンが準々決勝を戦った地方都市サマラでは、観光客の急増が原因で水不足に陥りつつある。断水のリスクを緩和するため、市の水道当局は一風変わった節水対策を呼び掛けている。「シャワーは2人一緒に浴びましょう」

モスクワ・タイムズ紙によれば、サマラ市の水道当局は水使用量の急増に対応するため、ここ数日で供給量を10%近く増やしたが、住民に対しては引き続き水不足への注意喚起を行っている。観光客に節水を奨励するより、地元の人に普段の生活を改めてもらう方が得策、と考えたようだ。

「数千人の観光客が来て水を使用するため、需給が逼迫している」、とサマラ市の水道会社は7月4日のプレスリリースで述べた。

ソチでは茶色い水が出た

W杯開幕以降、最高気温が35度を超える猛暑が続いていることも、水の使用量増加に拍車をかけている。AP通信によれば、6月25日のロシア対ウルグアイの予選では猛烈な暑さが予想されたため、公共の交通機関からアリーナまで約1.6キロの道のりを歩く観客のために医療スタッフが無料で水を配布した。サポーターにホースで水をかけるボランティアも登場した。

W杯期間、水不足を予想していたのはロシアだけではない。日本の東京水道局は、日本代表戦のハーフタイムと試合終了後にサポーターが一斉にトイレに駆け込むと予想し、準備していた。実際、6月19日の日本対コロンビア戦では、水の使用量がハーフタイム中に24%、試合終了後は50%増えた。

実は2014年ソチ冬季五輪でも、水不足は問題になった。当時のロシアは、選手や観客、メディア関係者などの受け入れに必要なインフラを提供できていなかった。大会を取材したジャーナリストたちは、水道の蛇口をひねると茶色の水が出てきた、と書いた。

(翻訳:河原里香)


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 6

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 7

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 8

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 9

    「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』動員1000万人目前! 放…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

  • 7

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 8

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 9

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 10

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 7

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 8

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月