最新記事

W杯

ロシアW杯で水不足、猛暑で拍車

2018年7月9日(月)16時30分
ダニエル・モリッツ・ラブソン

ウルグアイ対フランス戦を控えたサマラで観客に水をかけるボランティア(7月6日)Carlos Garcia Rawlins-REUTERS

<サッカーファンで溢れかえるロシアの地方都市が問題に直面>

ワールドカップ(W杯)を目がけて世界中からやってくる観光客は、ロシア経済を一時的であれ活性化させるものと期待されていた。だが実際には、大量の観光客をさばききれず逆境に直面する都市が出てきている。

7月7日にイングランドとスウェーデンが準々決勝を戦った地方都市サマラでは、観光客の急増が原因で水不足に陥りつつある。断水のリスクを緩和するため、市の水道当局は一風変わった節水対策を呼び掛けている。「シャワーは2人一緒に浴びましょう」

モスクワ・タイムズ紙によれば、サマラ市の水道当局は水使用量の急増に対応するため、ここ数日で供給量を10%近く増やしたが、住民に対しては引き続き水不足への注意喚起を行っている。観光客に節水を奨励するより、地元の人に普段の生活を改めてもらう方が得策、と考えたようだ。

「数千人の観光客が来て水を使用するため、需給が逼迫している」、とサマラ市の水道会社は7月4日のプレスリリースで述べた。

ソチでは茶色い水が出た

W杯開幕以降、最高気温が35度を超える猛暑が続いていることも、水の使用量増加に拍車をかけている。AP通信によれば、6月25日のロシア対ウルグアイの予選では猛烈な暑さが予想されたため、公共の交通機関からアリーナまで約1.6キロの道のりを歩く観客のために医療スタッフが無料で水を配布した。サポーターにホースで水をかけるボランティアも登場した。

W杯期間、水不足を予想していたのはロシアだけではない。日本の東京水道局は、日本代表戦のハーフタイムと試合終了後にサポーターが一斉にトイレに駆け込むと予想し、準備していた。実際、6月19日の日本対コロンビア戦では、水の使用量がハーフタイム中に24%、試合終了後は50%増えた。

実は2014年ソチ冬季五輪でも、水不足は問題になった。当時のロシアは、選手や観客、メディア関係者などの受け入れに必要なインフラを提供できていなかった。大会を取材したジャーナリストたちは、水道の蛇口をひねると茶色の水が出てきた、と書いた。

(翻訳:河原里香)


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

北朝鮮の金正恩氏、新開発の戦術兵器の実験視察=KC

ビジネス

米テスラ、月末までのモデル3受注は年内納車へ=マス

ワールド

北朝鮮テレビ、正恩氏が「新開発」兵器の実験視察と報

ビジネス

焦点:米SECが議決権ルール見直しへ、投資家と衝突

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏論のウソ

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    人肉食が予防した不治の病

  • 7

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 8

    期待の中国でも販売シェア半減に 韓国現代自動車は…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 3

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 4

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあっ…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月