最新記事

事件

マレーシアで10代中心の麻薬乱交パーティー摘発 犯罪組織がSNSで参加者募る

2018年7月10日(火)21時15分
大塚智彦(PanAsiaNews)

麻薬乱交パーティーに参加していた少女たち @bernamadotcomのツイッターより

<東南アジア有数の国際都市として成長著しいマレーシアのクアラルンプールだが、一方では若年層に広がる薬物汚染が問題になっている>

マレーシアの首都クアラルンプール市警本部は7月9日、市内のコンドミニウムの部屋を借りて開かれていた若者らのパーティーを一斉に摘発、68人を麻薬所持などの容疑で逮捕したことを明らかにした。

地元紙「ニュー・ストレート・タイムズ」などが一斉に伝えたもので、パーティーでは薬物の他にアルコールも提供され、大半が10代の若者で室内での「自由恋愛」も認める麻薬乱交パーティーだったという。

パーティーの連絡、参加者募集などは全てインスタント・メッセージのアプリが使われていた。

市警本部では引き続き逮捕した若者の事情聴取を進めるとともに、パーティーを主催した犯罪組織や麻薬の入手先などに関しても取り調べを続けている。

逮捕者の最年少は14歳の少女

9日の記者会見で市警本部のマズラン・ラジム本部長は、7月3日と6日にクアラルンプール市内のセイロン通り、アンパン通りにあるコンドミニウムで開かれていた若者のパーティー会場に、寄せられた情報を基に踏み込んだことを明らかにした。

セイロン通りのコンドミニウムでは7月3日午後5時45分ごろ、室内にいた男性9人、女性6人の15人全員を拘束。尿検査の結果全員の薬物使用が認められたため麻薬使用容疑で逮捕した。男性には4人のタイ人、女性には2人のインドネシア人が含まれていたという。

さらに室内からは睡眠導入剤のエルミン4000錠、合成麻薬のエクスタシー19錠、麻酔薬の一種ケタミン2グラムなどを押収した。

さらにアンパン通りのコンドミニウムには7月6日午後5時15分ごろ、複数の部屋に警察官が踏み込み、男性29人、女性24人の計53人を同じく麻薬使用容疑などで逮捕した。女性の中には最年少者として14歳のインドネシア人少女もいた。

部屋からはエクスタシー25錠と大麻が押収され、逮捕時には全員が薬物で「ハイ」な状態になっており、何人かの男女はセックスをしている最中だったという。

警察に摘発されたときの若者たち

ニュース速報

ワールド

英国のラーブEU離脱担当相が辞任、メイ首相の離脱案

ワールド

焦点:米中の新冷戦、「ブレーキ役」担うマティス国防

ビジネス

中国発改委、自動車購入税減税を提案との報道否定

ビジネス

中国への海外直接投資、1─10月は前年比+3.3%

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 3

    沖縄の風俗街は「沖縄の恥部」なのか?

  • 4

    韓国は、「反日」ではなく「卑日」になったのか?

  • 5

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    「歴史の悪魔」を蘇らせるのはトランプ米大統領では…

  • 9

    期待の中国でも販売シェア半減に 韓国現代自動車は…

  • 10

    官民あげて日本就職に取り組む韓国の最新事情 

  • 1

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあったのはドリアン2トン

  • 2

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 3

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 6

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月