最新記事

ロシア

猫に出し抜かれた「トラック野郎」プーチンとクリミアの悲劇

Putin Beaten by a Cat as First to Cross Crimea Bridge

2018年5月17日(木)18時30分
ダミアン・シャルコフ

シベリアを視察中、住民の猫を抱くロシアのプーチン大統領(2015年9月4日) Alexei Druzhinin/RIA Novosti/Kremlin-REUTERS

<2014年に併合したクリミア半島とロシア本土を結ぶ橋が開通。プーチン大統領は侵略の過去を塗りつぶそうと大型トラックを運転して勇ましく橋を渡ったが>

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、ロシアが数十億ドルを投じて完成させたロシアとクリミア半島を結ぶ「クリミア橋」を最初に渡るはずだった。それがなんと「猫」に先を越されてしまった。

プーチンは5月15日、2014年にウクライナから併合したクリミア半島とロシアを結ぶ洋上橋の自動車用道路の開通を記念し、自ら大型トラックを運転して橋を渡ってみせた。数十台のトラックを率いてロシアのクラスノダール地方からクリミア半島側に向かって走行。全長19キロの橋を渡りきって式典に参加するプーチンの映像をテレビカメラが報じた。

だが実はその前日、猫が先に橋を渡って「安全点検」を終えていたことが、インスタグラムへの投稿で明らかになった。

「初の19キロ完走。橋は完壁だよ!」と、猫の「モスチク」は宣言した。「明日は建設作業員や大統領といっしょに橋の開通をお祝いする。5月16日からはみんなも車で渡れるよ」

モスチクはクリミア橋のあだ名で、2015年に橋の施工会社が写真を投稿したのをきっかけに、建設作業員のマスコットになった。建設機材の上で昼寝をしたり、浜辺で遊んだり、作業現場を探検するモスチクの画像は、ロシア国内で何万回もシェアされた。ロシアのテレビ番組に出演するモスチクのために、作業員たちが小さな赤いヘルメットを用意したこともある。

併合の後すぐに橋を発注

だが、そんなモスチクの愛らしさに吹き飛んでしまったのはプーチンのマッチョなパフォーマンスだけではない。武力によるクリミア併合という蛮行を既成事実化する橋の悲劇も忘れ去られてしまった。その点で、モスチクはプーチンよりはるかによい仕事をしてくれた。

プーチンは2014年、ウクライナの首都キエフで親ロシア政権が崩壊した混乱に乗じ、軍隊を投入してクリミアの政府庁舎を占拠した。事の始まりは、ウクライナのビクトル・ヤヌコビッチ政権(当時)が突然、親EU路線を撤回してロシア側に付いたこと。怒った親欧米派がヤヌコビッチを退陣させると、ロシア系住民の保護を口実にロシア軍がクリミア半島に侵攻した。

国連加盟国の大多数がロシアを非難したが、ロシアはクリミアに住民投票を行わせ、ロシア編入に賛成が圧倒的だったとして併合を強行した。

ロシア政府はそのすぐ後に、クリミア橋の建設を発注した。受注したのは、プーチンの親友で大富豪のアルカディ・ローテンベルク率いるロシア企業。当初、自動車部分と鉄道部分からなる橋の総工費は10億ドルと試算されたが、その後40~50億ドル近くに膨れ上がった。

ニュース速報

ワールド

焦点:イタリア橋崩落、的外れなEU批判が覆い隠す財

ビジネス

焦点:中国「金融難民」の怒り爆発、P2P業者の破綻

ワールド

トルコの信用格付けを相次ぎ格下げ、S&Pは「B+」

ワールド

トルコ裁判所、米国人牧師の釈放認めず リラ4%安

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元戦闘員と悪夢の再会

  • 3

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 10

    オーストラリアは忘れまい、しかし許そう

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 6

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 7

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 8

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 9

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 10

    ランボルギーニなど高級車をペチャンコに! ドゥテ…

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 3

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 7

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月