最新記事

ロシア

猫に出し抜かれた「トラック野郎」プーチンとクリミアの悲劇

2018年5月17日(木)18時30分
ダミアン・シャルコフ

シベリアを視察中、住民の猫を抱くロシアのプーチン大統領(2015年9月4日) Alexei Druzhinin/RIA Novosti/Kremlin-REUTERS

<2014年に併合したクリミア半島とロシア本土を結ぶ橋が開通。プーチン大統領は侵略の過去を塗りつぶそうと大型トラックを運転して勇ましく橋を渡ったが>

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、ロシアが数十億ドルを投じて完成させたロシアとクリミア半島を結ぶ「クリミア橋」を最初に渡るはずだった。それがなんと「猫」に先を越されてしまった。

プーチンは5月15日、2014年にウクライナから併合したクリミア半島とロシアを結ぶ洋上橋の自動車用道路の開通を記念し、自ら大型トラックを運転して橋を渡ってみせた。数十台のトラックを率いてロシアのクラスノダール地方からクリミア半島側に向かって走行。全長19キロの橋を渡りきって式典に参加するプーチンの映像をテレビカメラが報じた。

だが実はその前日、猫が先に橋を渡って「安全点検」を終えていたことが、インスタグラムへの投稿で明らかになった。

「初の19キロ完走。橋は完壁だよ!」と、猫の「モスチク」は宣言した。「明日は建設作業員や大統領といっしょに橋の開通をお祝いする。5月16日からはみんなも車で渡れるよ」

モスチクはクリミア橋のあだ名で、2015年に橋の施工会社が写真を投稿したのをきっかけに、建設作業員のマスコットになった。建設機材の上で昼寝をしたり、浜辺で遊んだり、作業現場を探検するモスチクの画像は、ロシア国内で何万回もシェアされた。ロシアのテレビ番組に出演するモスチクのために、作業員たちが小さな赤いヘルメットを用意したこともある。

併合の後すぐに橋を発注

だが、そんなモスチクの愛らしさに吹き飛んでしまったのはプーチンのマッチョなパフォーマンスだけではない。武力によるクリミア併合という蛮行を既成事実化する橋の悲劇も忘れ去られてしまった。その点で、モスチクはプーチンよりはるかによい仕事をしてくれた。

プーチンは2014年、ウクライナの首都キエフで親ロシア政権が崩壊した混乱に乗じ、軍隊を投入してクリミアの政府庁舎を占拠した。事の始まりは、ウクライナのビクトル・ヤヌコビッチ政権(当時)が突然、親EU路線を撤回してロシア側に付いたこと。怒った親欧米派がヤヌコビッチを退陣させると、ロシア系住民の保護を口実にロシア軍がクリミア半島に侵攻した。

国連加盟国の大多数がロシアを非難したが、ロシアはクリミアに住民投票を行わせ、ロシア編入に賛成が圧倒的だったとして併合を強行した。

ロシア政府はそのすぐ後に、クリミア橋の建設を発注した。受注したのは、プーチンの親友で大富豪のアルカディ・ローテンベルク率いるロシア企業。当初、自動車部分と鉄道部分からなる橋の総工費は10億ドルと試算されたが、その後40~50億ドル近くに膨れ上がった。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女神は「予言」していた

  • 4

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 5

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 8

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 9

    老後資金二千万円問題 「悪いのは誰か」

  • 10

    【南シナ海】中国船による「当て逃げ」にフィリピン…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月