最新記事

中朝関係

【中朝首脳会談】習近平が金正恩に贈ったゴージャス過ぎる品々

2018年4月6日(金)18時30分
ソフィア・ロット・ペルシオ

贈り物の大型花瓶を愛でる習主席と金委員長 Screenshot/KCTV/Youtube

<中国メディアは報じなかったが北朝鮮が得意気に報じてわかった国連制裁決議違反の贅沢な贈り物。その推定価値たるや!>

歴史的な電撃訪中を果たした北朝鮮の最高指導者、金正恩朝鮮労働党委員長は、前より資産家になって帰国した。国連の対北朝鮮制裁決議でもう買えなくなったような贅沢品も含め、中国の習近平国家主席が山ほどお土産を持たせてくれたからだ。

3月25日からの訪中は、表向きは「非公式訪問」だったが、中国はレッドカーペットで金夫妻を歓待し、盛大な晩餐会でもてなすなど、国賓並みの扱いだった。

「首脳会談後、習主席夫妻は金正恩同志に誠意あふれる贈り物をした」と北朝鮮国営の朝鮮中央テレビ(KCTV)は伝えた。

中国メディアが贈り物に言及しなかったのに対し、KCTVは金がプレゼントを称賛する1分ほどの映像を放送した。

webw180406-gift02.jpg

中国の高級白酒として知られる「茅台(マオタイ)酒」も Screenshot/KCTV/Youtube

放送では、習と金が贈り物の大型花瓶を愛でた後、金夫妻がテーブルに並んだ品々を見て回る姿が映っていた。食器のセットや高級シルク、宝飾品、中国の高級白酒として知られる「茅台(マオタイ)酒」が少なくとも6本あった。製造元の貴州茅台酒は世界で最も価値のある醸造家として、米ブルームバーグに紹介されている。

なぜこんなに奮発するのか?

いくつかの品は、国連安保理が採択した制裁決議の禁輸対象リストに挙げられている。貴石や半貴石を使った宝飾品や、磁器またはボーンチャイナ製の100ドル以上の食器などだ。

webw180406-gift03.jpg

金正恩の妻、李雪主(前列右)に高級シルクを見せる習近平の妻、彭麗媛(同左) Screenshot/KCTV/Youtube

習が金にプレゼントした食器セットの価格は制裁決議の上限を大幅に超過する、と韓国の保守系紙、朝鮮日報は、香港の日刊紙「蘋果日報」(アップル・デイリー)の推計をもとに伝えた。それによれば、贈り物の時価総額は約40万ドル。食器類だけでも3100ドルするという。

それほどの贈り物と引き換えに、金正恩は中国にどんな譲歩をしたのだろうか。

(翻訳:河原里香)

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    日本、オランダ、ついにアメリカも 培養肉の時代がやって来る

  • 3

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻させるかもしれない

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 7

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 8

    ブラック・ユーモアを忘れた日本は付き合いにくい

  • 9

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 10

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かった…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

  • 10

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月