最新記事

トランプ政権

あのネオコン、ボルトン復活に恐怖せよ

2018年4月6日(金)18時00分
フレッド・カプラン(スレート誌コラム二スト)

ブッシュ政権時代の顔、ボルトンをトランプは気に入っていると公言 Joshua Roberts-REUTERS

<国家安全保障を担当するトランプ大統領の補佐官に元ネオコンのボルトンが......問題だらけの人物像と高まる開戦の可能性>

警戒警報を鳴らす時が来た。ドナルド・トランプ米大統領が3月22日、解任を発表したH・R・マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)の後任に、あのジョン・ボルトン元国連大使を指名した。

大統領補佐官は上院による承認が不要な政治任用職であり、ボルトンの就任は確実。そしてアメリカが戦争への道を突き進むことも、トランプがそれを望んでいることもたぶん確実だ。

マクマスター解任の約10日前、トランプはレックス・ティラーソン国務長官の更迭を発表し、タカ派のマイク・ポンペオCIA長官を後任に指名。「私が望む政権にとても近づいている」と発言した。

ボルトンは北朝鮮への先制攻撃、イランとの核合意の破棄とイラン爆撃を繰り返し主張してきた。共和党内のより伝統的なタカ派は「力による平和」をモットーとするが、ボルトンの場合は「戦争による体制転換」が信条。アメリカの敵は壊滅すべし、と考えている。

国連を否定した国連大使

ボルトンには、ネオコン(新保守主義者)の一部に認められる倫理的熱情もない。抑圧的体制の打倒に前のめりなのは、民主主義を広めたいからではなく、アメリカの影響力を拡大したいからにすぎない。

ジョージ・W・ブッシュ政権の発足当初、ディック・チェイニー副大統領はボルトンを国務次官(軍備管理・国際安全保障担当)の座に就けた。だがボルトンの真の任務は国務省内でチェイニーのスパイとして動き、コリン・パウエル国務長官の平和外交路線を監視(可能ならば阻止)することだった。

パウエルは04年11月に辞任を表明(退任は翌年1月)。親友のリチャード・アーミテージ国務副長官も共に政権を去った。チェイニーはボルトンをアーミテージの後任にしようとしたが、新たな国務長官コンドリーザ・ライスはボルトンの妨害姿勢を嫌って、起用の動きを妨げた。

妥協策としてブッシュはボルトンを国連大使に指名したが、共和党多数派の当時の上院にとっても受け入れ難い人事案だった。ボルトンは国連を批判するばかりか、存在自体を否定していたからだ。90年代のある会合では「国連などというものは存在しない」と語っている。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 2

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 3

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かったこと

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 8

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 9

    ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術…

  • 10

    「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソン…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月