最新記事

SNS

フェイスブックは個人情報悪用の張本人

2018年3月29日(木)18時15分
ウィル・オリマス(スレート誌記者)

ザッカ―バーグのフェイスブックはアメリカの歴史を変えたのかもしれない Robert Galbraith-REUTERS

<フェイスブックに登録した個人情報の第三者による不正使用が発覚――しかし問題の本質はフェイスブックのビジネスモデルそのものにある>

英ビッグデータ分析会社のケンブリッジ・アナリティカが14年に、フェイスブックのユーザーとその「友達」約5000万人分の個人情報を「研究目的」と称して取得し、「心理学的属性」を分析したという。それが16年の米大統領選挙でドナルド・トランプ陣営に利用されたかもしれない。イギリス政府は捜査に乗り出し、規制強化を求める声が高まり、フェイスブックの株価は問題発覚直後の3月19日に7%近く下落した。

しかし、この事件でフェイスブックが罪に問われたわけではない。個人情報の扱いに関する同社のポリシーが問われているわけではないし、同社の従業員が不正行為を働いた形跡もなく、そもそも大統領選挙にどれほどの影響を及ぼしたかも不明だ。

本件における同社の関与の度合いを考えれば、フェイスブックに向けられた世間の怒りは大き過ぎると思われるかもしれない。しかし怒るべき理由は別にある。フェイスブックが「誰に対しても」同様の行為を許していること、言い換えれば膨大なデータを売って稼ぐビジネスモデル自体が問題なのだ。

14年にケンブリッジ・アナリティカの依頼を受けて、ケンブリッジ大学の研究者アレクサンドル・コーガンは自身の作成した性格分析アプリを使ってデータを集めたわけだが、それを可能にしたフェイスブックの利用規約は一般に公開されており、よく知られている。

また同社の利用規約は非常に寛大で、アプリに登録したユーザーの「友達」のデータを開発者が収集することも許していた(問題発覚後に変更された)。

米紙ワシントン・ポストが指摘するように、ティンダー(デートアプリ)やファームビル(農園ゲームアプリ)のほか、12年の大統領選挙でのオバマ陣営も同じツールを使用して似たような情報を収集している。15年段階までは、これが同社の通常のビジネスだった。

コーガンの性格分析アプリを利用した人たちは、商業目的ではなく研究目的に使われると考えて個人情報の提供に同意していた(私見だが、フェイスブックはユーザーが「友達」の情報まで提供する行為を禁じておくべきだったと思う)。

フェイスブックによれば、規約違反が分かった時点で、コーガンとケンブリッジ・アナリティカに情報の破棄と、その確認を要請したという。ただしフェイスブック側に、本当に破棄されたかどうかを確認する方法があったかどうかは不明だ。

ニュース速報

ビジネス

アングル:日銀、米国発株安を静観 金融市場の「フロ

ビジネス

1─3月期の世界債務残高が2年半ぶり減少、途上国は

ビジネス

直ちに補正予算編成を考えているわけではない=麻生財

ビジネス

前場の日経平均は反発し492円高、米株高や反動で

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 2

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 3

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われることのない重罪

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 6

    コカ・コーラ、マッキンゼー、ソニー...... ミャンマー…

  • 7

    インドの空港倉庫に国際支援物資置き去り 「どこに…

  • 8

    米物価上昇が意味すること

  • 9

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 10

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月