最新記事

極右

イタリア極右が総選挙前にすみ分け作戦

2018年3月2日(金)16時00分
アンナ・モミリアーノ

昨年11月にローマで開催された「フォルツァ・ヌオバ」の支持集会 Stefano Rellandini-REUTERS

<片や「反移民」のみ、片や過激なカトリック原理主義――主張を役割分担した右派が3月4日の総選挙を前に支持を拡大している>

イタリア中部マチェラータで2月3日朝、28歳のルカ・トライーニが通りを車で走りながらアフリカ系らしき住民を次々に銃撃、男女6人を負傷させる事件が起きた。3月4日の総選挙を目前に控え、人種的な憎悪をむき出しにしたこの凶行に喝采を送った極右政党がある。「フォルツァ・ヌオバ(新しき力)」だ。何と彼らはトライーニに弁護団の提供まで申し出た。

カトリック原理主義とファシズムへの回帰を掲げる彼らをイタリア政界のはみ出し者と片付けるのは簡単だ。実際、公認政党とはいえ、選挙では大して票を獲得できそうにない。

04~09年の一時期、ムソリーニの孫娘アレッサンドラ・ムソリーニと連携して、欧州議会で議席を確保したことはあるが、それを除けば中央でも地方でも議会に進出した経験はゼロ。

そんな彼らが銃撃犯支持を打ち出したことで、今のイタリア政界で進む2つの流れが図らずも浮き彫りになった。主流の右派が極右と共に移民排斥を叫ぶ一方で、極右が主流を目指しているのだ。この2つの流れが絡み合い、イタリアではいま右派の大合流が進んでいる。

フォルツァ・ヌオバはネオファシストの寵児ユリウス・エボーラの思想的影響を受けた組織「第3の位置」の流れをくむ政党で、この組織の指導者だったロベルト・フィオレが97年に設立した。フィオレの同志だったガブリエレ・アディノルフィは仲間と共に別の極右政党「カーサパウンド」を立ち上げた。

同じ組織の系譜を引き、極右思想も共通しているとはいえ、フォルツァ・ヌオバとカーサパウンドは共闘関係にはない。排外主義とムソリーニ時代への郷愁、反グローバリズムの立場は共通でも、両党の主張には大きな隔たりがある。

フォルツォ・ヌオバは同性愛と中絶の権利に反対し、男女の伝統的な役割を重視。カトリック教会をイタリアの国教会とすることを目標に掲げている。

「新しいイタリアに新しい教会を打ち立てることを目指している」と、幹部のアドリアーノ・ダポッソは言う。

一方のカーサパウンドはもっぱら北アフリカからの「民族的侵攻」からイタリア人を守ることを使命としている。

「クールな」極右に転換

こうした違いはあっても、総選挙を控えた今、この2つの極右政党はいずれも追い風を感じている。マチェラータの銃撃事件はイタリア全土で吹き荒れる反移民感情を背景に起きた。イタリアは地理的な位置から欧州の難民危機の震源地になってきた。16年にバルカン諸国が入国制限を強化し、地中海経由でイタリアに入る難民はますます増えた。イタリア政府はリビアと難民協定を結んで流入を制限したが、国民の不満は収まらない。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月