最新記事

軍事パレード

トランプ最悪の命令が、アメリカを軍国主義に染める──「軍事パレードをやりたい」

Pentagon Working on Trump Parade Plans

2018年2月8日(木)16時30分
グレッグ・プライス

フランスのパリで、革命記念日の軍事パレードを見るトランプ。カッコよかったのでアメリカでもやりたいとか Kevin Lamarque-REUTERS

<世界最強の軍隊を持ちながらこれまでパレードによる武力の誇示を行ってこなかったアメリカが、ワシントンで戦車や核ミサイルを引き回すのか>

米紙ワシントン・ポストは2月6日夜、ドナルド・トランプ大統領が軍事パレードの実施を検討するよう指示を出したと報道した。この件に関して質問を受けたジェームズ・マティス国防長官によれば、パレードにどのくらいの費用がかかるかは不明で、国防総省が作業中だという。

7日にも会見を行ったマティスは、「私の仕事は、戦略を立てることと国防予算が十分に得られるよう議会に対して説明することだと思う」と述べた。「軍事パレードに関して言えば、大統領が持っている軍に対する尊敬と愛情が、(パレード実施という)要望に反映されたのだと思う」

「この国の人々はみな、大統領が軍に対して尊敬と愛情の念を持っていることを知っているはずだ。われわれはいくつかの選択肢をまとめている」と続けた。「それをホワイトハウスに提案して決定を仰ぐことになる」

ワシントン・ポストは匿名の軍当局者の話として、トランプは1月18日に行われた国防総省との会議の席上、軍高官に対して、「フランスがやっているような」パレードがしたいと語ったと報じた。この人物は、トランプの要望を「命令」だとしている。

トランプは2017年7月、軍最高司令官になって初めてフランスを公式訪問した際に、フランスのエマニュエル・マクロン大統領とともにフランス革命記念日を祝う軍事パレードに出席した。

その金は米軍が勝つために使え

トランプが軍事パレードの実施を望んでいることが広まった直後から、共和・民主両党の議員は、軍事パレードは多額の費用がかかる上に、挑発的な悪いイメージを与えかねないとして激しく批判した。

民主党のディック・ダービン上院議員(イリノイ州選出)はMSNBCに対し、「大統領がパレードに使おうとしている金は、米軍兵士が十二分に戦闘に備え、無事に戦って家族の元へと帰れるようようにするために使うべきだ」と言った。

これまでトランプを支持してきた共和党のリー・ゼルディン下院議員(ニューヨーク州選出)も、武器や軍用車がワシントンD.C.のど真ん中を行進するなどあり得ないとはねつけた。

ゼルディンは2月6日にCNNに対し、「ペンシルベニア・アベニュー(議事堂とホワイトハウスを結ぶ大通り)を戦車や核兵器が行進するべきだとは思わない」と語った。「コストも問題になるだろう」

(翻訳:ガリレオ)

ニュース速報

ワールド

1月の訪日外国人は9%増の250万人、1月として最

ビジネス

景気判断「緩やかに回復」に据え置き=2月月例経済報

ビジネス

日銀新体制、安倍政権下で金融政策正常化は困難=白井

ビジネス

英鉄鋼業界は依然脆弱、EU離脱に伴うリスクも=タタ

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 2

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の標的に

  • 3

    裁量労働制のどこがウソなのか?

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    銃乱射の被害者を訪問したトランプ、ご機嫌で大顰蹙…

  • 6

    「世界の終わりだ」 KFCのチキンが消えてパニックに…

  • 7

    「ビットコイン、通貨として失敗に終わった」=英国…

  • 8

    犬も鬱で死ぬ 捨てられたショックで心は修復不可能に

  • 9

    犬の「うんちを食べる行為」の謎がついに解けた!?

  • 10

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北者」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 6

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 7

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 8

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 9

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 10

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月