最新記事

ホワイトハウス

トランプ政権の大統領補佐官2人が辞任の可能性 大統領と対立

2018年2月23日(金)10時48分

2月22日、トランプ米大統領との対立から、マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当・右)とケリー大統領首席補佐官(左)が近く辞任する可能性があることが、政府高官4人の話で明らかになった。写真は国連総会の前に会話する両氏。昨年9月、ニューヨークで撮影(2018年 ロイター/Lucas Jackson)

トランプ米大統領との対立から、マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)とケリー大統領首席補佐官が近く辞任する可能性があることが、政府高官4人の話で明らかになった。

それによると、マクマスター氏、ケリー氏のいずれか一方、もしくは両方が近く辞任する可能性がある。

ただ、ティラーソン国務長官やセッションズ司法長官のケースのように、対立が収束する可能性もあるという。

ホワイトハウスのシャー報道官は、両氏の辞任の可能性に関する質問に直接回答せず、「大統領は政権チームの各メンバーに完全に信頼を寄せている」と述べた。

マクマスター、ケリー両氏は、政権にとどまるかとの質問に対しコメントしていない。

両氏はいずれも軍人出身で、トランプ政権において一定の抑制力になっているとみられる。

マクマスター氏は前週末、2016年米大統領選にロシアが干渉したと確信していると述べ、トランプ大統領はツイッターでこれを非難した。

また、高官によると、政府の最高機密情報へのアクセス権限を巡って両氏と大統領が対立する可能性があるという。

マクマスター氏を巡っては、軍務への復帰が検討されているとの情報も国防総省関係者の間で出ている。

[ワシントン 22日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    山本太郎現象とこぼれ落ちた人々

  • 7

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…