最新記事

北朝鮮

金正恩は「いいやつ」「小柄で太めなのにバスケが上手い」

2018年1月16日(火)19時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

バスケットボールは北朝鮮でも人気のあるスポーツ KCNA-REUTERS

<独裁者は「ユーモアのある良い奴」? 謎に包まれた金正恩の素顔は一体...>

北朝鮮の独裁者として知られる北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長だが、実際の人柄については、あやふやで情報も乏しい。そんな中でも度々報道されてきたのは、正恩のスイス留学時代の同級生の証言。ここに来て、欧米メディアでも正恩の生い立ちや性格に踏み込んだ報道が目につく。

1月8日に34歳の誕生日を迎えた正恩がスイス・ベルンで教育を受けていたことはよく知られている。このときの親友は、ポルトガル移民のジョアオ・ミカエロという少年で、英デイリーメールによると現在はベルンのレストランでシェフとして働く。ミカエロはニュースサイト「デイリー・ビースト」のインタビューで、正恩を「良い友人」と話したこともある。

【参考記事】北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

正恩は12歳だった1996年にスイスに渡り、首都にあるベルン・インターナショナルスクールに入学したが、ここを1学期あまりで辞め、ドイツ語で授業を行う公立学校に通うようになった。同紙は、急な転校の理由を「授業料の節約のため」だったと報じている。ベルン・インターナショナルスクールの授業料は現在、年間で約1万6000ユーロ(約218万円)とされる。

スイスでは北朝鮮の大使館職員の息子「パク・ウン」として身元を偽り生活していたが、ミカエロには自分が北朝鮮の最高指導者の血を引く者であることを伝えていた。ただミカエロは、作り話だと思ってまともに取り合わなかったそうで、後に真実が発覚したときには驚いた。

【参考記事】金正恩はインスタ映え狙っている?

バスケットボールに取り憑かれた「ユーモアセンスのある子」

ミカエロは正恩を、バスケットボールに取り憑かれ、ユーモアのセンスを持っていたとしている。プレーの腕前は不明だが、身長は168センチで若干太めの体型でも「良い選手」として知られていたそうだ。また、マイケル・ジョーダンの大ファンで、ナイキのトレーナーを集めていた。学校の友人たちも羨ましく思っていたと言う。デイリー・ビーストに「一緒に楽しく過ごした。彼は良い奴で、たくさんの友達に好かれていた」と明かしている。

ニュース速報

ビジネス

23年度借換債収入が再び過去最大、157兆円超と想

ワールド

ロシア、欧米によるナワリヌイ氏釈放要求を拒否

ワールド

英国のワクチン配布、メーカーの生産に遅れ=担当相

ワールド

ワクチン接種体制を強化、担当に河野行政改革相を起用

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 2

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知するパルスオキシメーターは必須アイテムだ

  • 3

    菅首相、1分に1回以上口にする「ある口癖」 言葉が心に届かず不安にさせる理由とは

  • 4

    暴君・始皇帝を賛美する中国ドラマ──独裁国家を待ち…

  • 5

    英首相ジョンソン、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    「#ジョンインちゃん、ごめんね」 養父母による虐待死…

  • 8

    メルケル独首相が、ツイッターのトランプアカウント…

  • 9

    窮地の文在寅に金正恩から「反日同盟」の危険な誘惑

  • 10

    「現代版スターリン主義者」習近平が踏み出した相互…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月